高垣麗子の美チャージディナー Vol.25

AneCan専属モデルが愛する全然ヘルシー系ではないがっつりメシ3選

高垣 麗子
curated by
高垣 麗子

モデルさんというと、アサイーやジュースクレンズといった、ストイックにヘルシーな食生活を送っていそうなイメージだが、高垣さんはまったく違う。

好物といえば、ハンバーグやカレーなどの、男性が好むがっつりとしたいわゆる漢(オトコ)メシ!ここでは、見ているだけでお腹がいっぱいになりそうな、高垣さんおすすめ“漢メシ”を紹介する。

粗挽きで食べごたえのある180gのハンバーグ(昼¥980、夜¥1,200)

『麻布食堂』のハンバーグ

昭和っぽい洋食屋は高垣さんの定番。
外苑西通り付近から牛坂上の住宅街への移転を経て、23年間西麻布で洋食を提供する人気店『麻布食堂』がお気に入り。

「閑静な住宅街にポツンとある『麻布食堂』には、ひとりでも行っちゃいます。お子様ランチが大人版になったような昔ながらのハンバーグが大好きで。名物のオムライスも、しっかり火の通った懐かしいタイプで美味しいです」

たまご焼きでチキンライスを包んだオーソドックスなオムライス(昼¥980、夜¥1,200)は、ケチャップ、デミグラス、ホワイトソースを選べる

夜は時間がかかることもあるが、スープ以外は昼夜全品テイクアウト可能

カレー1人前に、36種類もの上質な香辛料が約12gも使われている

1982年の開店以来、ご夫婦ふたりで切り盛りする小規模経営

一番人気の「和牛ビーフジャワカレー」¥2,100。トッピングした季節野菜(¥480)も、素揚げせず、1種類ずつ薄いコンソメで煮ているためヘルシー

『欧風カレー&シチュー専門店 トマト』の
和牛ビーフジャワカレー

そして時には、美味しいもののために遠征&行列もいとわないという高垣さん。その姿勢もなんだか男前なのだ。

「評判を聞きつけて、開店の時間を目がけ荻窪へ食べに行った『トマト』の和牛ビーフジャワカレーは、ちょっと遠くても並んででも、食べる価値ありです!味と食べごたえはもちろんですが、スパイスが本当に贅沢に使われていてすごくヘルシー。それに、ひたむきなご主人の人柄も素敵!その近くにお気に入りの器屋さんも見つけて、カレー遠征がさらに楽しくなりました♡」

【高垣麗子の美チャージディナー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ