小宮山雄飛の“英世”なる食卓 Vol.16

揚げ物もオン!? 老舗洋食屋のスパゲッティが懐かしくも美味しい!

curated by
小宮山 雄飛

今回、グルメで鳴らすホフディランのボーカル小宮山雄飛さんが紹介してくれたのは、コスパ◎の懐かしさ漂う老舗スパゲッティ!両店ともにボリューム満点、腹ペコ時のランチにぴったりなお店の魅力に迫る!

スパゲッティは基本、「白」(塩味)。しかしお店の方に「赤」と頼むと+¥100でケチャップ味に変更可能(かにクリームコロッケつきスパゲッティ¥1,030)。メニューには載っていない裏技だ

お子様ランチの楽しさを味わえる『洋食屋 大越』

戦前から料理の修業に熱心だった先代の大谷氏が1963年に始めた洋食屋は、色々なメニューのある定食屋的存在として愛されるお店。

雄飛さんも唸る、みかライス(¥720)はミートソース&カレーライスのオリジナル復刻メニュー

かれこれ10年以上通っているという常連の雄飛さん。「すごく家庭的なお店ですけど、味は本格的。そこが嬉しくてね。名物は何と言ってもスパゲッティ!通常ごはんと一緒に食べるポークカツ、エビフライ、チキンソテーなどの洋食メニューを、すべてスパゲッティで楽しめるんです。お子様ランチのような楽しさがあっていいでしょ?そして、深みのあるデミグラスソースは本当に絶品!じっくり煮込んだ濃厚なソースを太麺に絡ませれば、口っぱいに口福が!」

撮影当日も某有名料理人が食べに来ていて、味にうるさい食通たちを虜にしているようだ。

ハンバーグつきスパゲッティ 目玉焼きトッピング¥920

「スパゲッティは基本、白(塩味)ですが、赤(ケチャップ)に変えられるのも面白いですね。しかも、カニクリームコロッケやメンチなど好きな揚げ物が1個からトッピングできるから、自分だけのご馳走の一皿を作れる楽しみがある。ちなみに、名物みかライス(上記参照)もめちゃくちゃ好き。ミートソースとカレーのミックスライスって斬新で、ここにしかない美味しさ。食べたいメニューがありすぎて毎回悩ましいです」

10年以上通ってもメニュー制覇できない洋食屋には、まだまだ通うことになりそうだ。

代々継承された優しい味と大谷家の笑顔に癒され、通い続ける常連も多い。ハンバーグが15 秒で配される、驚きの速さも定評だ

お昼時は腹ペコサラリーマンで満席に!

【小宮山雄飛の“英世”なる食卓】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ