• PR
  • 朝、昼、夕、夜と楽しめる中目黒坂上のレストラン

    中目黒の丘の上でSalle à Mangerを楽しむ

    時間を気にせず自由に食事を楽しむ食のスタイル「サラマンジェ」。そんなスタイルを発信するレストランが、中目黒に誕生した。

    いつでも仲間と集える「セカンド・ダイニング」

    文化は言葉から生まれる。たとえば、仕事帰りに友人と食前酒を楽しむイタリアの食文化「アペリティーボ」は、食前酒という言葉から。そして最近東京では、フランス語の食堂という言葉から生まれた「サラマンジェ」というスタイルが生まれつつある。

    これは、本来、営業時間の決まった飲食店というより、何時でも出入りできる家庭のダイニングルーム的なニュアンス。時間を気にせずに食卓を囲む自由で新しいスタイルだ。

    中目黒の高台にオープンした『レストラン サラマンジェ』は、そんな食の楽しみ方「サラマンジェ」のトレンド発信源。朝8時から夜21時半までアラカルトで楽しめるメニューはフランス人シェフが監修した本格フレンチで、新鮮な野菜料理もメインも充実。

    冷蔵庫には極上のキャビアとシャンパンも冷えている。いつの時間でも仲間と集うことができる、自分たちだけの「セカンド・ダイニング」として重宝するに違いない。

    シャンパンと共に楽しみたい「キャビアセレクション」20g ¥20,000

    旬の野菜の味わいを生かしたスープ「今日のヴルーテ」¥800。材料は野菜と水、つなぎに用いる奥井海生堂の昆布だけ

    チーズは、白カビ、青カビ、ハードタイプと、バリエーション豊富

    クリアなスープに旬の魚の旨みが溶け込んだ定番のブイヤベース「五島列島直送季節の鮮魚ブイヨンを注いで」¥1,800

    緑やピンク、ブルーなどの柔らかな色合いの家具は、日中にも夜の風景にもマッチする。開放的なテラスもあり、窓の外には木々の緑が広がる

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ