牛肉進化論。炭火ステーキから肉割烹まで Vol.4

ピンクカミラ

PINKCAMILA

イスラエル料理店で知る熟成肉ひと筋の男の味

  • 左.オープンは2011年4月
    右.21日間熟成のオーストラリア産牛サーロイン。指で押すと軽く跡が残る、適度な柔らかさが身上

  • 左.シェフ、マルセロ・ラブ氏はイタリア生まれのイスラエル育ち。母はポーランド系ブラジル人、父はモロッコ系イスラエル人で、双方の多彩な食文化を受け継いだ
    右.豪快なリブロースステーキ¥5,800(350g)。100g追加ごとにプラス¥980。他にサーロインもあり

  • 左.自家製メルゲーズ¥980。ラムブロックから挽く。父方祖母直伝の北アフリカの味はスパイシーだ
    右.アラビアンビーフケバブ¥4,200。熟成肉にミントや松の実などを加えた。塩だけなのに深い味わい

もどる
すすむ

1/3

もどる
すすむ

【牛肉進化論。炭火ステーキから肉割烹まで】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo