二世お受験物語 Vol.8

名門校卒だと知られた途端、教室のママ友たちの「見る目」が変わり…。“二世受験”の苦悩

「私、小学校から大学までずっと同じ学校なの」

周囲からうらやまれることの多い、名門一貫校出身者。

彼らは、大人になり子どもを持つと、必ずこんな声をかけられる。

「お子さんも、同じ学校に入れるんでしょう?」「合格間違いなしでいいね」

しかし今、小学校受験は様変わりしている。縁故も、古いしきたりも、もう通用しない。

これは、令和のお受験に挑む二世受験生親子の物語。

親の七光りは、吉か凶か―?

◆これまでのあらすじ
名門一貫校出身の果奈は、息子の翼を小学校から同じ学校に入れたいと考えている。共働きでの受験準備に疲弊していた果奈だが、実母の手伝いで負担は軽くなった。しかしママ友・彩香とすれ違い、実質的な決別宣言をされてしまう。

▶前回:「俺は経営者だから…」息子の小学校受験対策に追われるなか、夫が放った見過ごせない一言


Vol.8 よそよそしいママ友


「先生、ありがとうございました。さようなら」

いつもの幼児教室の授業終わり。

子どもたちが元気な声で終わりの挨拶をすると、一番前の席に座っていた翼が、真っ先に果奈のもとに駆けてきた。

土曜日の幼児教室に彩香、アン親子が来なくなってから数ヶ月。

季節はあっという間に春になり、翼は保育園でも年中クラスに進級した。

土曜日クラスは少し雰囲気が変わった。

お受験をやめる、引っ越しをする。様々な理由で何人かが幼児教室を去る一方で、まだ幼さの残る新しい子どもたちが年中クラスに加わった。

― 彩香さん、どうしてるかな。

果奈は今も、彩香からのLINEに返信できずにいる。

仕事をセーブする、と言っていた彩香。今後のキャリアに影響はなかっただろうか。

アメリカ人の夫は、外銀勤めだと言っていたので、彩香が仕事をセーブしても金銭的には全く問題はないだろう。

しかし果奈は、同じワーママとして、キャリアを中断するという選択をした彩香にもどかしさを感じていた。

― 母親だけが何かを犠牲にするなんて、間違っている。

切実な思いを彩香に伝えたかったが、実際のところ、今の果奈の生活だっての犠牲のもとに成り立っている。

現実を考えると、どんな言葉を送ればいいのかわからず、返信を打てないのだ。

― 私たちはしょせんママ友。余計なおせっかいはやめておこう。

果奈は気を取り直すと、笑顔を作る。

「お帰り、翼!明日は試験本番みたいな練習するから、がんばろうね」

― そう、明日は難関校模試。彩香さんたちも来るかな?

頭の片隅で、彩香とアンのことを考えながら翼の髪をなでた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
果奈のウザくて性格悪いキャラがまず無理。
一ミクロンも共感出来ないし。
2023/05/09 06:0849返信2件
No Name
そもそも、3か月も既読スルーしてた果奈こそどうなんだ?
2023/05/09 06:0142返信1件
No Name
母親たちにはイライラするけど、子供の成長は作り話とはいえ心温まるよね。
2023/05/09 05:4534
もっと見る ( 22 件 )

【二世お受験物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo