恵比寿Sisters Vol.8

「もう無理…」夫と久々に密室でふたりきりに。そのとき男が放った衝撃のひと言とは

「女の敵は女」

よく言われる言葉ではあるが、これは正しくもあり間違ってもいる。

女同士の友情は感情が共鳴したときに仲が深くなり、逆に感情が衝突すると亀裂が生じ、愛情が憎しみへと変化する。

この亀裂をうまく修復できなったとき、友人は敵となる。

だが、うまく修復できればふたりの仲はより深いものになる。

ここに、性格が正反対のふたり女がいる。

ひょんなことから東京のど真ん中・恵比寿で、同居を始めたことで、ふたりの運命が回りだす…。

◆これまでのあらすじ

諒子とマリは、大学の同級生同士。ひょんなことから再会し、現在は同居中。そんな中、諒子は学生時代に恋仲だった男・錠との仲が復活する。同居するマリとも、ぶつかり合いながらも、仲を深めていた。諒子は公私ともに順調で……。

▶前回:離婚間近の35歳女が向かったのは夫以外の男の部屋。その驚きの口実とは?


Vol.8 笑顔の裏には…


各所との調整に難航したものの、錠の脚本は、なんとか撮影までたどり着くことができた。

「これが、俺の書いた台本か…」

初めて自分の名前が入った撮影台本を手に、錠も感慨深げだ。

「錠おめでとう。やっとデビューだね」

諒子は、錠と恵比寿のフレンチ『アムール』で決定稿完成のお祝いをしていた。

撮影準備は忙しいが、せっかく錠との仲が軌道に乗ってきたのだ。この機会を逃すわけにはいかない。

都会の喧騒を忘れるような、緑あふれる一軒家レストラン。

フランス語で“愛”を意味する店名が表す通り、大安吉日のこの日の店内は、ほとんどが男女二人組であった。

― カップルばかり…って、私たちもそのうちの一組なのよね。

今さらながら、諒子は実感する。17年前からずっと好きだった人とやっと付き合えたことを。

仕事も順調で、もう何も欲しいものはない……と、思いたいところだが、幸せを得るとどうしても『それ以上』を求めてしまうのは人間の性だ。

幸せそうな笑顔でサーロインを頬張る錠を見つめながら、諒子の頭によぎる想いがあった。

それは…。

― 私、錠と結婚したい。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
この話はどこに向かっているの?すごいダラダラしてきてる!
2022/11/23 05:1575
No Name
錠のふざけた脚本で撮影までたどり着くことができたのかよ😂
色々と端折り過ぎ。
2022/11/23 05:1856
No Name
マリ、夫と離婚話するのに、なんで諒子の家に呼ぶわけ?この前迄ホテルを転々としてたのに。
色々と意味不明過ぎ!
2022/11/23 05:2056
No Name
マリって離婚前提で日本に来て諒子の所に転がり込んだんじゃなかったっけ?で海斗が離婚しようと言ったら再構築したいってゴネた?ゴメン、話の意味が分からない。
2022/11/23 05:1930
No Name
脚本家が出てくる連載は、登場人物全員変なパターン多い。笑
2022/11/23 05:4014返信1件
もっと見る ( 14 件 )

【恵比寿Sisters】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo