公園の魔女たち〜幼受の世界〜 Vol.9

気まずい関係のママ友から「話がある」と呼び出され…。明かされた衝撃の“ご報告”とは

「この子のためなら、何だってしてみせる…」

公園に集う港区の母たちは、そんな呪文を心の中で唱え続ける。

そして、子どもに最高の環境を求めた結果、気づき始めるのだ。

──港区は、小学校受験では遅すぎる…、と。

これは、知られざる幼稚園受験の世界。母…いや受験に取り憑かれた“魔女”たちが織りなす、恐ろしい愛の物語である。

◆これまでのあらすじ

娘の華(2)の幼稚園受験のため、お受験塾「ほうが会」に入会した葉月。模擬面接の結果をきっかけに、夫の大樹との間に亀裂が入ってしまう。

▶前回:幼稚園受験の模擬面接。「ママのごはんは何が好き?」と聞かれて、娘が答えた予想外の回答


Vol.9 新たな決意


「華ちゃん、ママ、いってきます」

「いってらっしゃい、夕飯いらないようだったら20時までには連絡ちょうだいね」

玄関で大樹を見送った後は、いつも通り、リビングのソファで華のおむつをはき替えさせる。

模試の日──大樹に「魔女みたいだ」と指摘された先月のあの日以来、華のトイレトレーニングを強行するのはやめた。

おむつを替えた私はすぐにキッチンへ向かい、白玉粉を準備して、華と一緒に月見団子を作り始める。

今週末は十五夜。季節の行事を大切にするためのイベントの一つだった。

― 結局、大樹と何も話せていないまま9月になっちゃったな。

大樹とギクシャクするのは怖いが、これまでの努力を棄ててしまうのも惜しくて…。本番の秋に差し掛かったというのに、結局、幼受についてはやめるとも続けるとも結論が出ていない。

「こんな中途半端な気持ちで、お受験なんてできるのかな…」

テーブルに飾ったすすきを眺めながら、華にも聞こえないような小さな声で呟いた、その時だった。

不意に届いたLINEを見て、私は思わず目を疑う。

「え…?これ、どういうつもりなの…?」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
電話の驚愕な内容は来週って、引っ張りますな。笑
2022/09/19 05:1349
No Name
親の迷いなどどこ吹く風で成長している華ちゃんが素晴らしいわ〜。
2022/09/19 05:5246
No Name
宝川先生にほうが会を続けられない理由でも出来たのかな?
2022/09/19 05:1521返信1件
No Name
インターに通わせてるお母さん、正に ルル レモンのヨガパンにハイブランドのキャップ被ってるイメージですよね。
2022/09/19 05:5621返信1件
No Name
昔、山口智子のドラマでこういうのあったよね。好きだったわ〜
2022/09/19 06:0412返信1件
もっと見る ( 16 件 )

【公園の魔女たち〜幼受の世界〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo