プロ夫婦~作られた輝き~ Vol.6

「お腹の子の父親はあなたじゃない」最愛の妻の告白に絶句する夫。悲しみのあまり夫は…

雑誌から抜け出したかのような、美男美女の夫婦。

豪邸に住み、家事や子育てはプロであるハウスキーパーに任せ、夫婦だけのプライベートタイムを満喫する。

世間は、華やかな暮らしを送るふたりを「プロ夫婦」と形容し、羨望のまなざしを送っている。

法律上の契約を不要と語り、「事実婚」というスタイルをとる、ふたりの行く末とは?

◆これまでのあらすじ

慎一と美加は、SNSで多くのフォロワーを集めるインフルエンサーカップル。ハウスキーパー・里実のアプローチに翻弄されながらも夫婦仲は順調だったが、美加から妊娠を告げられ…。

▶前回:「妊娠したの」妻から告げられたおめでたい知らせ。夫がソレを喜べない理由


Vol.6 新しい夫婦


家族で訪れていた、逗子のリゾートホテル。

慎一は、美加からの突然の告白に呆然としていた。

「赤ちゃん…?」

「そう。いま3ヶ月」

愛する妻の妊娠。普通の夫婦なら、手放しで喜ぶものだ。だが、慎一にはそれができなかった。彼女とは2年以上身体を重ね合わせていない。つまり…。

「相手は、誰?」

「慎ちゃんは会ったことがない人よ。でも、その彼とは一緒になれない。なるつもりもない。私の意志としては、授かった命を大切にしたいし、慎ちゃんとも一緒にいたい」

「…え?」

不倫、もしくは行きずりの相手ということなのか。問い詰めようにも、その情報量の多さに考えが整理できず、慎一は言葉が出てこない。

「イヤなら潔く身を引くわ。だから、どうするかは慎ちゃんが決めて…」

言葉を閉じ込めるように、美加はそっと慎一の硬直する手を握った。

「…ちょっと、アタマ冷やしてくる」

呆然としながらその場を立ち去る慎一を、美加は黙って見送った。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
美加、最低過ぎ。結局、慎一は美加にとってその程度の男だったんだね。
選択的レスやら恋のアウトソーシング、新しい家族のカタチ…。もうくだらない。
2022/08/17 05:3688返信3件
No Name
妻と不倫相手が作った子供で、自分とは血のつながりのない子を育てるなんて、無理じゃないかな?
2022/08/17 05:3260返信6件
No Name
もういいって、こんなネオバカ夫婦は。
何?恋の部分をアウトソーシングしたとか。いやいや、単なる裏切りだから。その前に慎一に対してのリスペクトは?
慎一も、世間に哀れだと思われたくないとか、くだらない。結局お金持ちの妻に執着してるだけ。
2022/08/17 05:3055返信3件
No Name
ユキミカ、どんな精神構造してるの? 他人の子どもである華を一緒に育ててくれるだけでも慎一に感謝しないといけないのに、他の男性の子どもを身籠るなんて意味不明。

こんな奔放な女性だから、元夫とも上手く行かなかったのかな。華も元夫の子どもではなかったりする?
2022/08/17 05:5635返信1件
No Name
外に妾をつくって、子供を産ませて、その子を正妻に育てさせる。戦前の政治家、実業家じゃないか?性別が逆なだけで、やってることは新しくもなんともない
2022/08/17 05:3830返信4件
もっと見る ( 42 件 )

【プロ夫婦~作られた輝き~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo