男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~ Vol.2

深夜の西麻布で、ぼんやりと信号待ちをしていたら…。女がいきなり顔を引きつらせ、凍り付いたワケ

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

▶前回:交際2年目の彼氏がいる30歳女。プロポーズを期待していたのに…


高原亜美、30歳。“自称モデル”の裏の顔


『今日もお疲れさまでした♪』

金曜20時。入念に加工した自撮りをInstagramに投稿すると、すぐにコメント通知が届いた。

『モデルの仕事、お疲れさま~!年末は帰ってくる?』

それは私の地元・愛媛在住で、高校時代の同級生である千奈美からだった。

千奈美だけじゃない。家族や地元の同級生たちは、私が今もモデルの仕事をしていると思っている。でも実際は、2年前からモデルの仕事はゼロだ。

暗い気持ちでマノロ ブラニクのフラットシューズに足を入れると、私は電車に飛び乗った。

六本木駅で降車すると、まぶしいほどのネオンを横目に、ある場所へと向かう。…それは、撮影スタジオなんかじゃない。

「おはようございま~す」

芸能人御用達のレストランやバー、会員制の高級店がひしめく大人の街・西麻布。そんな街の路地裏に、ひっそりとたたずむビルが私の仕事場だ。

「亜美さん入りました!よろしくお願いします」

黒服に誘導され、煌びやかなシャンデリアに照らされた私は、お客様の前でゆっくりとお辞儀をする。

「亜美です。お隣、失礼します」

顔を上げると、3人組の男性がワインを片手にニッコリ微笑んでいた。

ここは財界人や芸能人が通う、大人の社交場。私はこの場所で、ラウンジ嬢として1人生き抜いてきた。

小さく会釈をして席に着くと、一番奥の席に座っていた男と目が合う。

その瞬間、私は凍り付いた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
大和を死なせたのは俺なんだ

衝撃! しかも千紘に罪をなすりつけてた。
2022/08/02 05:1492返信8件
No Name
12年前、大和を死なせたのは俺なんだ。

最後の1行で今日の話が全部吹っ飛んだ。
じゃあ浩二は、自分が大和を死なせておいて、千紘のせいで大和は死んだって言ったワケ?たとえそこに千紘が絡んでいたとしても、浩二最低じゃないの。千紘に土下座して謝れ。
2022/08/02 05:1665返信1件
No Name
モデルと嘘ついてラウンジ嬢やってるのと、実は大和を死なせたのは俺なんだっていうのとではレベルが違いすぎるだろ。
2022/08/02 07:2849
No Name
やっぱりサスペンス要素も有りなのかな? だんだん面白くなりそう。
2022/08/02 05:1628返信1件
No Name
亜美と浩二は結婚するんだから、千紘と同じで浩二も間接的に関わってたって話かな。
自分の罪悪感を減らすために千紘を責めたみたいな。
2022/08/02 05:4422返信1件
もっと見る ( 23 件 )

【男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo