生まれながらに不平等 Vol.11

食事会の最中「2人で抜けちゃう?」と誘われた!しかしイイ雰囲気を期待する女に対し、男は…

人間は「生まれながらに平等」である。

これは近代社会における、人権の根本的な考え方だ。

だが一方で”親ガチャ”が話題になっているように、人間は親や生まれる場所、育つ環境を選べない。

事実、親の年収が高いほど、子どもの学力が高いこともデータ(※)によって証明済みだ。

私たちは生きていくうえで、多くの「生まれながらに不平等」な場面に遭遇してしまう。

中流家庭出身の損保OL・若林楓(27)も、東京の婚活市場で、不平等さを数多く実感することに…。

(※)お茶の水女子大「保護者に対する調査の結果と学力等との関係の専門的な分析に関する調査研究」

▶前回:「付き合いたいけど結婚はできない」と告白してきた33歳男。その理由を尋ねてみたら…


― しばらく婚活のことなんて忘れて、純粋に恋愛を楽しみたい。

そう思い始めた頃。たまたま顔を出した食事会で、素敵な男性に出会ってしまったのだ。

彼の名は、瑛士さん。年齢は35歳だと言うが、鍛えていることがハッキリとわかるような綺麗な体つきをしていた。

さらに見た目は......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
楓は何が言いたいの?
最後の、私の父は普通のサラリーマンで海外転勤など一切なかった。そんな過去を少々恨みつつ…
の所にイラッとした。
2022/01/11 05:1499+返信10件
No Name
英語を勉強しても全然話せるようになれなかったのは、よっぽどセンスがないか勉強の仕方を間違ってるか…親の責任とか関係ない。
2022/01/11 05:1991返信1件
No Name
楓とデートしても話がめちゃくちゃつまらないんだろうね…
外資系投資銀行で働く帰国子女で、背が高くて鍛えているイケメン、そして気が利く男性が、自分と真剣に向き合ってくれるとか思ったのかな?
目の前でシャッターを降ろされて、お気の毒さま。
2022/01/11 05:2472返信2件
No Name
なんでデートに誘われたんだろ?
2022/01/11 05:2850返信2件
No Name
一生懸命働いて、奨学金に頼ることもなく私立大学の学費も払った楓の父親が気の毒。

帰国子女でなくとも、留学とか独学とか方法はあるのに、努力はせずに愚痴というか、文句ばかり。
友達にはなりたくない。
2022/01/11 05:5550返信3件
もっと見る ( 64 件 )

【生まれながらに不平等】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo