公園の魔女たち〜幼受の世界〜 Vol.1

公園の魔女たち〜幼受の世界〜:「港区は、小学校受験では遅いのよ」ママ友からの忠告に地方出身の女は…

「この子のためなら、何だってしてみせる…」

公園に集う港区の母たちは、そんな呪文を心の中で唱え続ける。

そして、子どもに最高の環境を求めた結果、気づき始めるのだ。

──港区は、小学校受験では遅すぎる…、と。

これは、知られざる幼稚園受験の世界。母…いや受験に取り憑かれた“魔女”たちが織りなす、恐ろしい愛の物語である。


Vol.1 新米ママ・葉月(35)の決断


「やだ。魔女のコスプレかと思ったら、あれお受験ワンピね」

「本当だ。こうして混ざってると、一瞬魔女の格好に見えなくもないかも」

マリエさんと敦子さんが、そんなことを言いながら笑いあう。

10月。有栖川公園の広場では、近隣のインターナショナルスクールの親子たちが、思い思いのハロウィーンコスチュームで集まっていた。

その合間を、険しい顔をした紺スーツの母親が足早に通り抜けていく。確かに一瞬、魔女と見間違えてしまいそうだった。

「小学校受験のお教室、この辺は多いみたいだもんね。この子たちが今1歳だから、私たちも、5年後にはあんなスーツを着るのかなぁ」

私は呑気にそうつぶやいた。本当に、何気ない一言だった。

けれどその途端、マリエさんがギョッとした様子で身を乗り出す。

「えっ?葉月さん、ちょっと待って。5年後って…。小受は考えてるのに、幼稚園受験は考えてないってこと?」

「え…?いや、まだ何も。だってまだ、1歳だよ?

あっ、ふたりの子どもは9月生まれだから、もう2歳か。でも、うちの子なんて早生まれだから、同学年とはいえまだまだ赤ちゃんだし…」

私は戸惑いながら敦子さんに視線を送ったけれど、敦子さんも、目を細めながらマリエさんに同調する。

「そうね、葉月さん。でも港区は…、小学校受験からじゃ遅いかも」

木漏れ日が、敦子さんとマリエさんの真っ白なブラウスの上で、キラキラと輝いていた。

― 白い服を着た魔女も、いるのかな。

その時、私の頭の中にはなぜだか、そんな脈絡のない疑問が浮かんだのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
2歳なってないのに、すごい話せる華ちゃん
2022/07/25 05:2294返信4件
No Name
あれ、孤独な男と女のあいだに(ワインの連載)は?😔
2022/07/25 05:1948返信6件
No Name
最近、読者が急に減ってコメントも少ないから、コメ欄が荒れまくるお受験ネタ連載始めたのかな?
ワイン連載は火曜更新に変更されていて残念〜。
2022/07/25 05:3235返信9件
No Name
幼稚園受験という、最近の連載では聞かないテーマだから興味深いし、三家族の関連図を載せてくれるのはありがたいけど、どうなる事やら。しらける最終話だけはやめてね。
2022/07/25 05:3722返信9件
No Name
くだらない…
2022/07/25 05:3314返信5件
もっと見る ( 93 件 )

【公園の魔女たち〜幼受の世界〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo