ハイスぺでも、お断りします! Vol.8

「せっかく温泉旅館に来たのに…!」気になる“あの子”を追って、彼氏に置き去りにされた女は…

「結婚するなら、ハイスペックな男性がいい」

そう考える婚活女子は多い。

だが、苦労してハイスペック男性と付き合えたとしても、それは決してゴールではない。

幸せな結婚をするためには、彼の本性と向き合わなければならないのだ。

これは交際3ヶ月目にして、ハイスペ彼氏がダメ男だと気づいた女たちの物語。

▶前回:「銀歯、笑うと見えるよ」容姿の指摘ばかりする歯科医師の彼氏。女が美人の友達に泣きつくと…?


Episode 8:あかり(32歳・ネイリスト)の場合


「そんなに“あの子”が気になるなら、かえ…」
「いいのっ?じゃあ、食事が済んだら帰る準備をしよう!」

― 返事、はやっ!しかも、本気で帰るつもり?

付き合って3ヶ月になる恭介と私は、『星野リゾート 界 箱根』に1泊旅行に来ていた。

午前中に都内を出て、彼の愛車で箱根観光。旅館に到着したのは、16時過ぎ。眼前に広がる一面の緑を満喫しながら露天風呂に浸かり、夕飯も後半の旬彩土鍋ご飯まで食べ終えた。

私は都心ではなかなか目にすることのできない心癒される景色と、素晴らしい料理に夢心地だった。

一方で、恭介はというと…私とは対照的にソワソワとスマホばかり気にしている。だから私は、少しいじわるな気持ちで、彼に「帰ろうか」と問いかけたのだった。

「華子がさ…ご飯食べてないみたいなんだ」

彼は、申し訳なさそうな表情を浮かべているが、内心では早く“彼女”に会いたくて仕方がないという気持ちを隠しきれていない。

「…恭介くん、帰るなら1人でどうぞ」
「わかった、ごめんね!この埋め合わせは必ずするから」

こう言い残すと、彼は本当に先に帰ってしまったのだ。

1人で過ごすには贅沢すぎる客室で、箱根の地ビールや日本酒をしこたま飲んでいると、酔いがまわり投げやりな気持ちになった。

― もう無理…。私、華子ちゃんには勝てない!

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
家に猫だけで留守番させておくのではなくて、誰か信用できる人に預けたほうがよかったような気がする。今日の話はあまり面白くなかった。
2022/06/23 05:1376返信10件
No Name
毎週思うのだけれど、今日はどこがハイスペックだった? クールな顔立ち? まさかBMW(シリーズ不明) に乗ってるから?🤣
2022/06/23 05:1666返信13件
No Name
この男は猫と結婚したら良い。
自分も猫好きだけど、これはやりすぎ。

というか猫も構われ過ぎたらストレスを感じる。なので華子も実はストレスたまってたりして🐱
2022/06/23 05:3753返信1件
No Name
もう恭介、華子と結婚したら?
2022/06/23 05:1920返信2件
No Name
彼女のことあまりにも蔑ろにしすぎだね。
今回の話はハイスペ関係ないと思う…
2022/06/23 05:2319
もっと見る ( 48 件 )

【ハイスぺでも、お断りします!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo