東京レストラン・ストーリー Vol.12

彼女が人妻になる前に、どうしても"アソコ"へ行きたい…。男がタクシーを飛ばして向かった先とは

思うように外食ができなかった、この2年。

外で自由に食事ができる素晴らしさを、改めて噛み締める機会が最近多いのではないだろうか。

レストランを予約してその予定を書き込むとき、私たちの心は一気に華やぐもの―。

なぜならその瞬間、あなただけの大切なストーリーが始まるから。

これは東京のレストランを舞台にした、大人の男女のストーリー。

▶前回:“女子アナ清楚系美女“が好きな彼に合わせて自分を偽っていた女。しかし脱ぎ捨てた瞬間に…


Vol.12 優也(26歳)の思い


『おはよう^^昨日はありがとう♡』

昨夜食事に行った女からのLINEー。

朝からウンザリしてしまった。

アプリで出会い、なんとなく数回メッセージを交わして食事に行ったが、もちろんこの子と恋仲になる予定などない。

ただタイミングが合ったから一度食事に行っただけ。次を期待している感じがひしひしと伝わってくる。でも今の僕は多忙なため、それが煩わしい。

代表を務めるパートナーから誘われ、外資の投資ファンドで働いている僕の平日のスケジュールは、ほぼ分刻み。全国出張も毎週のようにあるし、空き時間にする勉強にも余念がないから、常に眠い。

同年代でもトップクラスの年収を稼いでいるが、その分神経をすり減らしていることは否めない。

でもこれは全て“理想の男”になるためだった。

先ほどのLINEに適当なスタンプを返しながら、コーヒーでも飲んで気分転換しようと思い、ふと気がついた。

今日は、その“理想の男”になりたいと思うきっかけをくれた人との、食事の約束の日だということに。

初めて会ったときから何一つ変わることなく、美しくて謙虚で真っ直ぐな、僕の本当の初恋…永遠の憧れの女性だ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
憧れの人がいるから仕事も頑張れるって、なんか単純にいいなぁと思いました。
2022/05/16 05:3782返信7件
No Name
誰かと食事に行くのを楽しみに働こうって大事だね。人はパンのみにて生くるに非ず。
2022/05/16 05:3751
No Name
ピッコログランデ、いいねぇ。朝から美味しいパスタが食べたくなった。
2022/05/16 05:3930返信1件
No Name
常に眠いとか仕事のスピードがどうこううるさい男だなw
2022/05/16 06:028返信3件
No Name
下ネタっぽい題名だけど話は素敵✨
2022/05/16 06:567返信1件
もっと見る ( 17 件 )

【東京レストラン・ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo