孤独な男と女のあいだに Vol.2

週末にお泊まりデートしても早朝に帰る男。仕事だと言い訳するが、彼女に隠れて何を…

東京で生きる、孤独な男女。

彼らにそっと寄り添い、時には人生を変えてくれるモノがある。

ワインだ。

時を経て熟成される1本は、仕事や恋、生き方に日々奮闘する私たちに、解を導いてくれる。

これは、ワインでつながる男女のストーリー。

▶前回:24時西麻布。「もっと一緒にいたい」と女が誘ったものの、男が速攻断ったワケ


Vol.2 恋と友情の狭間で


〈プロフィール〉
名前:華(28歳)
経歴:青山学院大学経済学部出身、広告代理店勤務
住所:恵比寿(一人暮らし)


「はぁ……」

5月下旬の金曜19時。

青山学院大学時代のダンスサークルの女子5人で表参道の『リナストアズ』に久しぶりに集まった。

楽しい女子会だというのに、華は、ため息をついてしまった。

「ちょっと、華。元気なくない?何かあった?」

そう聞いてきたのは、美佳だ。美人でサバサバとしていて、サークル内でも男女共に好かれていた皆のお姉さん的存在。

今年29歳になる5人の中で、独身は華と美佳だけだ。

「最近、颯斗が浮気してるんじゃないかって…」

数秒前まで、写真を撮ったり、メニューを見てあれこれ話していた4人の手が止まり、視線が華に集まる。

颯斗も同じ青学のサークル出身で、華とは大学2年の6月ごろから付き合っているので、もうすぐ9年になる。

彼は、新卒で大手商社で働いている。今年に入り、アパレル部門から海外出張もあり得るブランドのマーケット部門という社内でも花形部署へ移動になり、忙しさに拍車がかかった。

そのせいか、2人が会う頻度は低くなった。

そしてここ最近、颯斗の行動が怪しいと華は感じている。

「結婚の話をはぐらかすのは前からだけど、この前、私のiPhoneの電池が切れて携帯借りようとしたら、慌ててダメって断られて。部屋で一緒にいる時も、急に電話かかってきて焦ってベランダに出たり…」


颯斗は隠し事をしている。これは確信に近かった。

「颯斗は寮がある横浜、華は恵比寿でしょ?2人とも忙しいし、会う回数が少ないと不安になるよね」

美佳が言うと、みんながうなずいた。

何より、華が信じられなかったことは、颯斗が先月の華の誕生日を忘れていたことだった。

付き合ってもうすぐ9年経つのに、初めてのこと。

「それはクロに近いグレー!」

メンバーの1人であるユキの言葉によって、華は颯斗に対する疑惑が増幅した。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ハッピーなお話はやっぱりいいね!
2022/05/30 05:1999+返信11件
No Name
お父さんがワイン好きなんだね。
Les Amoureuses を息子に譲るなんて、ステキ過ぎる! 最高のプロポーズだった♡
2022/05/30 05:2495
No Name
恋人たちのワインと書いてあり、え〜、まさかここでベタなカロンセギュールとかが出るのかなと思ったら、レ ザムルーズ の方だった🥰
この連載、柳さん監修かな… 今後も登場するワインに期待大!
2022/05/30 05:2945返信2件
No Name
恋人たちのワイン、恋する乙女たち、素敵なワインだね。恋人でいる最後の時に開けるって颯斗も粋だし、フラッシュモブやるようには見えないけどね。
2022/05/30 05:3132返信1件
No Name
渋谷から恵比寿まで電車で帰ったとこにも好感持てた。
2022/05/30 06:2326
もっと見る ( 51 件 )

【孤独な男と女のあいだに】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo