孤独な男と女のあいだに Vol.1

孤独な男と女のあいだに:24時西麻布。「もっと一緒にいたい」と女が誘ったものの、男が速攻断ったワケ

東京で生きる、孤独な男女。

彼らにそっと寄り添い、時には人生を変えてくれるモノがある。

ワインだ。

時を経て熟成される1本は、仕事や恋、生き方に日々奮闘する私たちに、解を導いてくれる。

これは、ワインでつながる男女のストーリー。


Vol.1 孤独な男女に贈るシャンパーニュ


〈プロフィール〉
名前:山下圭(36歳)
職業:上場企業の役員&不動産投資家(IT関連で起業し、5年前にバイアウト)
住所:赤坂


「圭さん、さすがですね。予約が取りにくい人気店や、会員制のワインバーに連れてきてくれるなんて」

金曜22時。西麻布の交差点近くのワインバー。

アヤカはうっとりとした目つきで圭を見つめながら、丈の短いワンピースからのぞく脚を何度も組み替え、長い髪をかきあげながら言う。

― この女も“予約の取れない”や“会員制”という言葉に弱いんだな。

これまで出会った女性と同じように、アヤカもまた、自分のことをお金でしか見ていないことを、圭は会話の端々で感じていた。

彼女は28歳で、大手不動産会社の社長秘書として働いている。その傍ら、フード・インスタグラマーとして活動し、10万人のフォロワーがいる。

といっても、パトロンのような男性たちと訪れる有名店の情報を、SNSで更新しているだけなのだが。

彼女とは、不動産のイベントで知り合い、デートするのは今日で2度目だ。

1軒目は、四谷三丁目にある『車力門 おの澤』を訪れた。

旬の素材を生かした割烹料理で彼女を上機嫌にさせたあと、タクシーで圭のいきつけである会員制ワインバーにやってきたのだ。

圭は、アヤカの言葉に曖昧な返事をし、マスターに声をかける。

「この2008年のニュイ・サン・ジョルジュは、今飲んで楽しむには、香りも味のバランスも良く、ワインのポテンシャルが発揮されてますね」

マスターが注いでくれたワインを、圭がゆっくり味わっている横で、アヤカはボトルとワイングラスを様々な角度に動かしながら、写真に映える角度を探し求めている。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
面白そうな、というかステキな感じの連載が始まったね🥺
来週も楽しみかも✨
2022/05/23 05:2199+返信13件
No Name
東カレらしい連載が始まって嬉しい〜。
アヤカ、ワインを注がれてすぐ一気に飲み干すとか、それやっちゃおしまいよ。
2022/05/23 05:2779返信6件
No Name
ワインに纏わる男女の物語、こんな小説が読みたいなと思って待ってました!!
すごく素敵なお話♡
2022/05/23 05:2560返信2件
No Name
ワインに感化されて衝動的に絵を書いたってのは素敵かもね。
2022/05/23 05:3532返信1件
No Name
サロン、今では幻と言われる位入手困難になりましたね! JALの国際線ファーストに乗って飲む方が早い位…
2022/05/23 05:3218返信2件
もっと見る ( 51 件 )

【孤独な男と女のあいだに】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo