東京レストラン・ストーリー Vol.8

元カノを想って泣く男が、どうしても好き。恋愛対象になれない女が選択した悲しいポジション

外食が思うようにできなかった、2021年。

外で自由に食事ができる素晴らしさを、改めてかみ締める機会が多かったのではないだろうか。

レストランを予約してその予定を書き込むとき、私たちの心は一気に華やぐ。

なぜならその瞬間、あなただけの大切なストーリーが始まるから。

これは東京のレストランを舞台にした、大人の男女のストーリー。

▶前回:「東京はなんでも、やたらに高い…」そう嘆きながらも、女が東京にしがみつくワケ


Vol.8 果穂(25歳) 一番近い距離


太輔は、ずっと私のとなりにいる。

なんの比喩表現でもない。本当に、物心ついたときからずっと私のとなりにいるのだ。

家はお互い目黒駅近く。幼稚園は白金幼稚園。小学校も一緒の白金小。なんの因果か中受の志望校も同じ一貫校で、二人とも大学まで一緒に通った。

太輔は営業で有名......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
マリに呼び出されて行ってしまうのかと思ったら、俺もトイレ行きたい。
そして予想外のハッピーエンド、良かった。
2022/04/07 05:1799+返信2件
No Name
この連載のライターさんすごく好きです。朝から感動しました〜。
2022/04/07 05:1899+返信1件
No Name
切ない失恋話しかなと思ったら、すごくいいお話で感動。
2022/04/07 05:3894返信1件
No Name
果穂の気持ちが通じて良かった。
これは朝から泣くわ。
2022/04/07 05:1560
No Name
素敵!
2022/04/07 05:0941
もっと見る ( 32 件 )

【東京レストラン・ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo