銀座で愛され続ける老舗おでんを徹底解剖!冷え込む夜に味わいたい名店2軒

  • 銀座の並木通りに灯る赤い提灯が目印。店名は創業者の太田コウ氏の名前と、「幸多かれ」という意味が込められている。丸みのある江戸文字が、到着した者の心をゆるめる

  • 定番人気の大根、豆腐、たまご。豆腐は築地の『小林豆腐店』に出汁がほどよく染みて硬くならない木綿と絹の中間を作ってもらっている。たまご230円、豆腐と大根は330円という気軽さ

  • おでんは230円~で約32種を用意。客単価平均4,000円と手ごろで、食事の前後にちょいと一杯飲みに来る人もいる

  • シンプルなたねであるほど、その上質さがよくわかる

  • 「おでんはたくさん種類を入れた方が美味しい」という言葉がこれほど説得力のある店はない。旬の素材を使うので、季節ごとに出汁の味わいが微かに変わるのもオツ

  • この自家製のたねを目当てに常連は通う。上から右回りに椎茸や白滝が入った袋、鶏挽肉のロールキャベツ、合鴨を詰めた牛蒡。おでん1人前1,650円~

もどる
すすむ

1/17

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo