悪いのは、アナタ Vol.2

『旦那の金があるから経営できてるだけ』SNSに容赦ない中傷コメントが。悪意の矛先を向けられた女は…

愛しい我が子の育児と、やりがいのある仕事。

多忙ながらも充実した日々を送る、働くママたち。

…けれど、そんなキラキラした“ママ”たちの世界には、驚くほど深い嫉妬と闇がうずまいているのだ。

ある日、1人の幸せな女性に、得体の知れない悪意が忍び寄る―。

悪いのは、一体ダレ…?

◆これまでのあらすじ

裕福で幸せな家庭、順調な仕事、気のおけないママ友、誰もが羨む幸福を手に入れた麻紀。

ある日、彼女が経営する会社のSNSアカウントに、中傷コメントが書き込まれて…。

▶前回:幸せな家庭と仕事を持つ完璧ママ。身に覚えのない誹謗中傷から始まる悪夢とは


「あ、麻紀さん。おはよう。今日も寒いわねー」

1月の終わり。寒さでしんと澄んだ空気に差し込んだ朝日が、辺りに残った朝露に反射してキラキラと美しい。

保育園に息子の海を送りに来た麻紀は、後ろから聞き慣れた声で呼び止められた。

声の主は、大手IT企業でバリバリと働いているママ友の進藤理絵。Max Maraの黒いロングコートにエルメスのスカーフを合わせ、凍える寒さの中でも背筋をピンと伸ばしている。

「本当、毎日外に出るのが嫌になるよね…」

麻紀が振り返って挨拶を返すと、そこに南田陽菜が娘の結愛を連れて現れた。

「あ、麻紀さん、理絵さん、おはよう!もう、寒くて嫌になっちゃう!」

同じことを繰り返す陽菜に、麻紀と理絵はふふっと笑い合う。すると、理絵が麻紀の服装に気がついたのか、少し怪訝な顔をして声を上げた。

「ちょっと麻紀さん、マフラーもしてないの!?妊婦なんだから冷やしちゃダメだよ!足元ももっと暖かくしないと。顔色も良くないけど、ちゃんと食べて休んでる!?」

矢継ぎ早に問い詰める理絵に圧倒された麻紀を見て、陽菜が助け舟を出してくれた。

「ふふ、理絵さん、お母さんみたいだよ。でも、少し顔色悪いみたいだけど大丈夫?」

優しい陽菜の口調で自分のペースを取り戻した麻紀は、「そうかな、大丈夫だよ」と柔らかく微笑む。

だが最近は、“あること”のせいで寝不足が続いているのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ママ友全員から嫌われているのだと思う。それで周りの子供も海くんにいじわるをするようになったのかな…
2022/02/05 05:3176返信10件
No Name
こういう場合にはSNS対応専用の人を雇うといいと思いますー
2022/02/05 05:2366返信2件
No Name
自分でどんなに素晴らしい商品だと思っても、買った人全員が満足するとは限らない。実際に買って良くなかったとか損したと思ってている人も少なからずいるから。悪い意見を書き込まれたくないなら、コメント欄を閉じるしかない。
ひどい誹謗中傷に対しては粛々と開示請求。
2022/02/05 05:3552返信4件
No Name
息子ちゃん2週間に1度風邪をひいてそれが大変で、正社員の仕事を辞めたんじゃなかった?
今日は息子は昔から手がかからない子だったって…辻褄が合わないなぁ。
2022/02/05 05:3742
No Name
登場人物が多いから、ママ友とその子供の相関図が必要。
2022/02/05 05:5030
もっと見る ( 38 件 )

【悪いのは、アナタ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo