小宮山雄飛の本能のひと皿 Vol.28

「中華×ナチュラルワイン」で楽しむ大人カジュアルなデートに!食通が推す最強の店


デートのお相手の西山さんも、

「カジュアルな飲茶デートって嬉しいです。和食やフレンチも好きだけど、長時間のコースは疲れるし。中華でも高級だと身構えるから、これくらいラフだと素で楽しめます。

店内も港区みたいな派手さはなく、奥渋の先にある気軽でお洒落な感じもいいですね」

と、心を鷲掴みにされたよう。

自然と距離が近くなり、食べ終わるころには仲良くなっている。気取らない大人なデートに、雄飛さんらしさを垣間見た。

「ラムのスペアリブ」


ラム肉料理は、『味坊』系列のシグニチャーメニュー。

自社工場で釜焼きしたラムに、クミンや胡麻、後を引くスパイシーな唐辛子がアクセント。広東風の甘いソースはお好みで。1,300円。

【連載6年の中で、雄飛さんが選ぶ「本能をの一皿」トップ3はこれ!】

1.『土佐しらす食堂 二万匹』の「禁断のしらすバター丼」


「2020年5月号で紹介した当時は知る人ぞ知る隠れた名店でしたが、今や大人気店に。しらすの美味しさは東京No.1だと思います」

2.『SHIBIRE-NOODLES 蝋燭屋』の「麻婆麺」


「2019年6月号で紹介。本格的な辛さと痺れが刺激的!ただの激辛ではなくしっかり旨みも感じられる、クセになる麺です」

3.『神田まつや 本店』の「カレー丼」


「2016年10月号で紹介。蕎麦が美味しいのはもちろん、和風のカレー丼が酒の〆に最高!これからも通い続けたい一店です」


雄飛さんがリアルに通う店の渾身のひと皿を、6年強にわたって計130皿ご紹介!

過去の記事を遡り、ひと皿巡りをするのもおすすめだ。

▶これまでの小宮山雄飛さんの「本能の一皿」連載はこちら!


▶このほか:厳選された但馬牛を、最高級のタレ焼肉に!焼肉好きなら足を運びたい話題の新店

東カレアプリでは、「2021年、輝いた人、輝いた店」を完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、「2021年、輝いた人、輝いた店」特集!東カレでしか実現しない「著名人×話題店」のコラボは必見だ!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は12/21(火)から。

【小宮山雄飛の本能のひと皿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo