小宮山雄飛の本能のひと皿 Vol.16

常連がこっそり教える!中華の名店が誇る「そばめし」の、意外だけど美味しい食べ方

不動の人気を誇る街・恵比寿。

高級店からカジュアルな店まで、多ジャンルのレストランが幅広く点在する。

その中の一つに、食通として名高いミュージシャン・小宮山雄飛さんがお気に入りの、中華の名店がある。

小宮山さんが特にイチオシするメニューとは・・・?

あさり入り香港そばめし 1,150円


『ル・パルク』の「あさり入り香港そばめし」


恵比寿の雑踏から離れた、緑あふれる公園の近くに佇む、レトロで落ち着いた中華料理店『ル・パルク』。

ピンクのテーブルクロス、ウッドの壁にロートレックの絵画、窓からは木々の緑が見える心地よい空間だ。


マダムや外国人たちも集う、品性漂う洒落た中華の名店に、雄飛さんも通っている。

「パリの下町にいるような雰囲気で、デートなどで知っていると自慢できるお店です。点心推しの中に隠れメニュー的にあるのが『そばめし』。

神戸のそばめしとも違う、あっさり上品な中華の味付けは、食事の〆としても最適です。麺をあまり細かく切っていないのも特徴のひとつ」


「あさり、高菜、焼豚のアクセントと、パラパラのごはんと長めの麺が織りなす食感は、唯一無二でクセになります」

三代目の香港人シェフが作る「そばめし」は、以前は限定メニューだったが、常連からの熱い要望を受け、正式メニューに昇格。

青のりをかけ、鉄皿でアツアツのまま食すのが流儀だ。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>


「僕のおすすめの食べ方は、最後に温かいプーアール茶(ランチは無料)を注いでお茶漬けにすること。アサリの旨みも溶け出して絶妙。ちょっと御行儀が悪いようですが(笑)、コレが病みつきになります」

一度食べればクセになる、このひと皿をためしてみては?

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は12/21(月)から。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【小宮山雄飛の本能のひと皿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo