私の年下くん Vol.7

「彼ってこんなコトするの…?」彼氏との“初お泊まり”で予想外の事態。落胆した女はある行動に…

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。

◆これまでのあらすじ

テレビ局で働く多佳子は、年下の彼氏・颯と初めておうちデートをする。だが、彼は口数少なく食後すぐに帰ってしまった。

何か気に障ったのかと頭を悩ませる多佳子のもとへ、突然ある人物がやってくる…。

▶前回:ソファでキスくらいは覚悟していたのに。男がすぐに帰って悶々とした女は…


Vol.7 肝心なときにかみ合わない2人


初めてのおうちデートは、あっけなく終わってしまった。

― 颯くん、どうして急に帰っちゃったんだろう…。

彼が使った食器をシンクへ運びながら、ぼんやり考える。すると、来客を告げるチャイムが鳴った。

モニターに映っているのは、まさかの颯だ。

― えっ、忘れ物でもしたの…かな?

エントランスのオートロックを解除した私は、慌てて部屋の中を見渡す。だが、それらしき颯の私物はない。

そこへ、玄関のインターホンが鳴った。

「多佳子さん、これ!」

ドアを開けると、颯は真っ赤なガーベラの花束を私に差し出した。

「うわ、キレイ…!でも、どうしてお花?」

「もうすぐ誕生日でしょ?」

私が食事の準備をしている間、颯に黒木さんからあるLINEが送られてきたそうだ。その内容は、美智子が私の誕生会を近日計画している話だった。

「あ、うん。ありがとう!嬉しいよ。でも『失敗したかも』って、あのLINEは?」

「あー。だって、もうすぐ誕生日だって知ってたら、モンブランじゃなくてバースデーケーキを買って行ったのに…。俺、動揺してどんどん変な空気にしちゃって。プレー集とか、今じゃなくてもいいのに見たりしてさ…」

一旦帰って仕切り直そうと思ったのだと、視線を落として言う。

「でも、俺、1番最初に多佳子さんの誕生日を祝いたくて、戻って…」

気持ちを抑えきれず、私から颯に腕を伸ばしたのだが、彼はそれをサッと制止した。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo