抱かれた夜、抱かれなかった夜 Vol.4

彼の部屋で「今日は無理」と拒否した女。どんなにタイプでも“その気”にはなれない、男の特徴

これは男と女の思惑が交差する、ある夜の物語だ。

デートの後、男の誘いに乗って一夜を共にした日。一方で、あえて抱かれなかった夜。

女たちはなぜ、その決断に至ったのだろうか。

実は男の前で“従順なフリ”をしていても、腹の底では全く別のことを考えているのだ。

彼女たちは今日も「こうやって口説かれ、抱かれたい…」と思いを巡らせていて…?

▶前回:松濤の高級住宅街から、ホテル街へと通う35歳セレブ妻。女が夫を裏切り続けるワケ


ケース4:最高の男に抱かれなかった女・夏原沙弥(28歳)


「やっぱり、今日は帰るね」

「えっ!?せっかく俺の家まで来たのに、どうして…?」

ベッドイン直前。私が放った一言に、ラルフローレンのバスローブを羽織った智司が絶句している。シャワーを浴びたばかりの彼の髪からは、水滴が滴り落ちていた。

大手映画配給会社の宣伝プロデューサーをしている智司は、4つ上の32歳だ。

彼が携わる作品は次々ヒットしていて、雑誌にはインタビュー記事も掲載されている。エンタメ誌のライターをしている私が、業界の出世株である智司と付き合えたことは、この上ない幸せだった。

「お邪魔しました。また連絡するね」

私はバッグを肩にかけ、今日のために新調したマノロ ブラニクのピンヒールに足を入れる。

「俺、なにか悪いことでも言ったかな。…気をつけて帰ってね」

智司の動揺を背中で感じながら、玄関のドアを閉める。エレベーターに乗り込み、ひと息ついた瞬間。お腹がうずきはじめた。

「やば、痛い…」

私はその場にうずくまり、深呼吸をする。

今夜は付き合って初めて、智司の部屋に足を踏み入れた。…たった1時間ほど前までは、彼に抱かれる気でいたのだ。

それなのに、直前になって帰宅しようと決めたのには、ある理由があった。

【抱かれた夜、抱かれなかった夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo