ニューノーマルな男と女 Vol.5

おうち時間で15kg増した美女。中途入社の男に恋してしまい、ダイエットを決意するが…

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:自粛生活で彼と引き裂かれてしまい…。1週間ホテルで密会した女が直面する現実とは

Act5. リモートワークの甘いワナ

2020年7月


『64.8kg』

湯浅香子は久々に乗った体重計の上で、その数値を見て固まった。

「う…自分史上最重量…」

1人暮らしのバスルームの脱衣場で、膝から崩れ絶望する。太ってきたことはわかっていた。

だからこそ体重計を避けていたが、まさかここまでとは。

身長159cmの香子。去年のこの時期は、確か50kgを切っていたはず。

大きなフリルが付いたワンショルダーの水着を着て、東京プリンスのナイトプールで、はしゃいだ思い出がよみがえる。

― まぁ、いっか。今は自分らしい体型がいいって叫ばれている時代なのよ。

ルッキズムへの反抗を、必死で自分に言い聞かせる。

だが、どうも惨めな気持ちなのは、怠惰な生活の成れの果てということを自分でもわかっているからだ。

二重あごに三段腹、たるんだヒップラインに大根のような脚。バスルームの鏡には、思い描く自分とは別人のゆるんだ肉体が映っていた。

気がつけば、何かを口にしているから当然だ。

リモートワークが中心となり、業務中にお菓子をつまんでも何も言われない日常。運動もしない上に、人と会う機会はほぼない。その末路が目の前に…。

― ダイエットしなきゃ。でも…。

そんなとき、急遽Slackでミーティングの招集がかけられた。隣の課に中途の社員が入社し、挨拶があるという。

香子は慌ててメイクをしてから、パソコンの前で姿勢を正す。

部内の何十人もの顔が画面に並ぶなか、中心に大きく映し出されたその男に、香子は目を見張った。

「よろしくお願いします。齋藤隼人と申します!」

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo