シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~ Vol.4

「2億の損失か、それとも…」シッターからのLINEに泣き崩れる39歳女。キャリアママに迫られる選択

年収が上がるのに比例して、私たちはシアワセになれるのだろうか―?

ある調査によると、幸福度が最も高い年収・800万円(世帯年収1,600万円)までは満足度が上がっていくが、その後はゆるやかに逓減するという。

では実際のところ、どうなのか?

世帯年収3,600万の夫婦、外資系IT企業で働くケンタ(41)と日系金融機関で働く奈美(39)のリアルな生活を覗いてみよう。

◆これまでのあらすじ

3歳の息子の教育について悩む奈美は、解決策として夫から米国カリフォルニア州への移住を提案された。しかし、奈美は仕事を辞めることは考えられず答えを出せずにいた…。

▶前回:『福翁自伝』を読んでお受験 or 年間400万払ってインター?無謀な選択肢に戸惑う妻


Vol.4 子どものためにキャリアを諦める!?


「ケンタ、私、今日出社するから!」

夫から米国行きを提案された10日後。

朝一のメールチェックを終えた奈美は、リビングにコーヒーを取りにきたケンタに声をかけた。

「そうなんだ。てか、このご時世に何でわざわざ出社するの?」

「夕方に久々に対面のアポがあるんだ。あと、印鑑をもらわなきゃいけない書類も溜まってるし…」

「印鑑!?未だに印鑑が必要だなんて、ドメは相変わらず非効率だな。でも、しょうがないか…。今日は余裕あるから、奈美の会社まで車で送ろうか?」

― えっ、心配してくれてる?

その言葉を聞いた奈美は、急に嬉しくなった。

「ありがとう、でも大丈夫。お昼は『金兵衛』のお弁当でも食べてね。いってきます!」

そう言って、奈美は足早に家を出た。

実は、奈美には、会社に行きたい理由がもうひとつあったのだ。

【シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo