シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~ Vol.1

シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~:東京で億ションに住んでも、幸せからはほど遠い理由

―3年前―


「予算はいくらにするの?」

新築マンションのギャラリーへ向かいながら、ケンタに尋ねた。

「俺たちも結構稼げるようになってきたし、1億円はいけるでしょ!?」

息子・翔平の誕生を機に、3LDKに住み替えると張り切っているケンタは明るく答えた。

ケンタとは、遡ること10年前、恵比寿の『TOOTH TOOTH TOKYO』で開催された食事会で出会った。

奈美は金融という業種柄、日頃からパリっとしたスーツ姿の男性に囲まれている。だからパーカーにデニム、スニーカーという出で立ちで現れたケンタの姿がかなり奇異に映り、絶対に恋愛対象にはならない、というのが第一印象だった。

しかしお互いホラー映画とゴルフが好きですぐに意気投合し、気がつけば交際半年余りで結婚。

婚約指輪にヴァン クリーフ&アーペルをリクエストしたところ、「同じ予算でもっと大きい石が買えるから」と、日帰りで香港まで買いに行ってくれた。

奈美には考えもつかない行動力があるケンタのおかげで、結婚生活は楽しく過ごせている。

― 出会った頃は億ションを購入できるような年収ではなかったけど、お互い頑張ったんだな…。

結婚当初は、家賃20万円の1LDKの賃貸からスタートして、今は7,000万円台の2LDKの分譲、そしてついに億ション購入。

ケンタは激務に耐えて昇進し、奈美も転職して役職付に。出会った当初から世帯年収は倍近くになったのだ。

奈美が感慨に浸っていると、目的地に着いた。

「原田様、お待ちしておりました」

ギャラリーでは、若手営業マンが仰々しく出迎える。

「渋谷区の中でも松濤・南平台・大山町は別格ですよ!ただ、原田様がご所望されている3LDKですと、ご予算の1億円を大幅に上回ることになりますが…」


― この子きっと「時間の無駄だからさっさと帰れ」って思ってる。

ケンタの顔色を窺う若手営業マンの様子を見て、そう感じた。

「大丈夫です、買います。今ここから歩いて5分の2LDKに住んでるんですが、売却して住み替えます」

いとも簡単にケンタは購入を決め、戸惑い気味の営業マンに見送られながら、早々にギャラリーを後にした。

「あっさり予算オーバーの億ション買っちゃったけど、大丈夫なの?」

帰り道、ケンタに問いかけた。

「1億でも買えないなんて、正直落ち込んだわ。でも、住宅ローン減税を考慮すれば、あの値段でも賃貸より購入する方が得策かなって。今の家を売れば、それなりに頭金も用意できるし。

それに、家族みんなが幸せに暮らせるなら、十分払う価値があるでしょ?1年後の完成が楽しみだな!」


― 家族の幸せのための対価か、早く復職して頑張らないと。

抱っこ紐の中で眠る息子・翔平の寝顔を見つめながら、奈美は明るい未来への期待に胸を膨らませていた。

【シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo