東京エアポケット Vol.2

仕事を休んだ女は、都心のホテルへと向かい…。平日昼間にだけ許される、婚約者にも秘密の時間

新たなチャプター


「新規プロモーションの件ですが、お待たせして申し訳ありませんでした。ぜひ私にやらせてください。頑張ります」

桃子がそう伝えると、部長は「それはよかった」と安堵の表情を見せた。そしてすぐさま、プロジェクトについて話し始める。

「では、明日にでもキックオフミーティングをしよう。メンバーには、私から声をかけておく」

「はい!」

仕事もプライベートも、新たなチャプターに突入だ。不安はある。だが今は、期待感のほうが大きかった。



1ヶ月後。

「もうダメ…。こんなときは“おひとりさまランチ”しかない!」

2時間に及ぶミーティングを終えた桃子は、疲れ果てていた。

新規プロモーションの件で、広告代理店となかなか厄介なトラブルが発生。連日対応に追われていた矢先、アシスタントの後輩が転職することになったのだ。

事件続きで、脳も身体もヘロヘロだ。気力を振り絞って急いでスケジュールを確認し、休暇を確保する。その足でレストランに予約を入れた。

「これでちょっと安心。頭の整理ができるわ…」

そして迎えた、休暇当日。死に物狂いで仕事を片付け、本日のレストラン『レ セゾン』へと向かう。

席につき、まずはシャンパンをゴクリ。

「ふぅー」

目をつぶって深呼吸すると、パニック状態だった心と頭が落ち着きを取り戻していく。

「さてと。問題を整理することにしますか」


食事を終えた桃子は、コーヒーを飲みながら、ふと考える。

女の人生は、岐路が多くて日々迷うものだ。キャリアや結婚、出産に子育て。次から次へと決断を迫られる。パニックに陥るのも無理はないだろう。

だが、よく考えずに即決したり周囲に流されてしまっては、いいことなどひとつもない。

そんなときに必要なのは、ゆったりと過ごす時間。自分はどうしたいのか?だけを考え、思考を整理する、大事なひとときだ。

そのためには忙しない日常から離れ、心身ともにリラックスすることが大切なのである。

「…なんとなく、方向性が見えてきたかも」

頭の中が整理された桃子は、会計をお願いした。

平日のランチタイム。

喧騒とは無縁の空間で、優雅な食事をいただきながら、ひとり頭の中を整理する。

これが、仕事にプライベートに忙しい桃子にとって、最高の“贅沢時間”なのだ。


▶前回:見栄を張ることに疲れた30歳OL。周囲にひた隠しにしていた“至福のご褒美”とは

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自分が桃子の立場だったら全く同じ選択をしたと思うので、すごく共感できました。
雅人も理解してくれてるみたいで何より。
前向きなお話はいいですね〜。
2021/10/20 05:3199+返信1件
No Name
美味しそうなお料理が出てきて、グルメ情報媒体らしくていいですね。
2021/10/20 05:4698返信3件
No Name
一度オーバーヒートしてしまったら、良き方向に前進できない訳だし、ヒステリックになって悪い方に転ぶよりは、一旦休憩するのすごくいいと思った。業種や職場環境にもよるけど、半休とれるなら、昼から飲むシャンパンは最後の癒し。
2021/10/20 05:3591返信5件
No Name
夫の稼いだお金で贅沢三昧で自分に決定権なしの方よりこっちのお話しの方が好きです。
2021/10/20 06:5454返信2件
No Name
ドロドロした話よりも、こういう爽やかな話が増えたら嬉しい。仕事も恋も全力投球な人、最高。
2021/10/20 05:5229
もっと見る ( 47 件 )

【東京エアポケット】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo