籠のなかの妻 Vol.3

「さっさと始末しろ!」5年で会社を急成長させた若手社長の、妻に対するあまりに横暴な要求

夫は、こんな人だった―?

周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。

最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。

有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。

優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。

広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。

彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?

◆これまでのあらすじ

夫が原宿にマンションを買ったことにより、仕事を辞めて引っ越しを余儀なくされた優衣。収入がなくなり夫に生活費をお願いすると、提示された金額はたった10万。始まったばかりの専業主婦生活に不安を感じる優衣だったが…。

▶前回:「これで足りる?」夫の提示した生活費に、妻は絶句。年収3000万の男が手渡した金額は…


「ただいまー」

玄関から夫、雄二の声がすると、優衣はコンロの上のル・クルーゼに火を入れた。

今日のランチは赤ワインをたっぷり使って煮込んだボロネーゼとサラダ、ガーリックトースト。

「お!美味そうじゃん。やっぱり家が近いって最高だな、こうやって帰ってくれば昼飯代も浮くし」

雄二は息子と共に、ダイニングテーブルについた。

夫は会社の近くに自宅を構えて以降、昼食は必ず家に帰ってきて食べるようになった。スケジュールが詰まっていない時は、14時、15時までゆっくりとくつろいでから会社に戻っていく時もある。

「うまい!優衣、仕事辞めてから確実に料理の腕が上がったよな」

ディ・チェコのパスタを時間を測って完璧に茹で上げ、ロイヤルコペンハーゲンの皿に美しく盛られたボロネーゼ。少なくともこの界隈のカフェで出されるものより、本格的なものだ。

「え、ほんと?ありがとう」

優衣は嬉しそうに雄二を見た。

「毎日、家で飯食うのが楽しみだよ。でも、今日は夕飯いらないよ。会食があるから」

会食、という二文字に優衣の心は踊る。

― やった!雄斗と二人なら夜は適当でいいわね。

朝、昼、晩と毎日、わがままな夫を満足させるメニューを考えるのは一苦労なのだ。それに夫から与えられているわずかな生活費では、工夫をしないとあっという間になくなってしまう。

優衣は食事をできる限り手作りするようにした。その結果、夫はそれをとても喜んでいる。

家族だんらんの時間も増え、優衣は専業主婦になったメリットは大きかったと思うようになっていた。

今だって夫は膝に雄斗を座らせ、TVで動画を見ながら二人で楽しそうにしている。

「今日は仕事も落ち着いてるし、夕方まで家にいるわ」

片付けをしている優衣に、雄二がそう声をかけた。

今は13時。夕方まで数時間ある。優衣はふと思いついた。

「じゃあ、私ちょっとお買い物に行ってきてもいい?夕方までには戻るから。その間、雄斗をお願いしてもいい?」

そう言った直後、優衣はこの日最大級の後悔をすることになる。

【籠のなかの妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo