夫力★向上委員会 Vol.4

「夫のパンツと、自分の洗濯物を一緒に回したくない」妻が夫を、生理的に受け付けなくなったのは…

“男女平等”が叫ばれている、昨今。

しかし「6歳未満の子を持つ夫婦の、1日あたりの家事・育児関連時間」は妻が平均7時間34分。

それに対し、夫は1時間23分(総務省「社会生活基本調査」)ほどだという。

日本における夫の家事参加率は、先進国の中でも最下位なのだ。

家事・育児に非協力的な夫。それに対し不満を抱き、愛想を尽かす妻たち。

これは、そんな「夫力(オットリョク)」皆無の男が、離婚を免れるために日々成長していく物語である…。

◆これまでのあらすじ

流星という謎のイケメンが配信する「夫力向上委員会チャンネル」の動画にハマった俊平。しかし相変わらず“夫力”は向上していないのだった。

一方の柚葉は、出かけた先のスーパーで偶然、流星と出会ってしまい…?

▶前回:帰宅すると、異様に機嫌のいい妻が…。夫の知らぬ間に、女がコッソリ会っていた相手


今朝から、妻の様子が変だ。

お風呂あがりには、見たこともないほど化粧水をバシャバシャとつけていたし、今は念入りにフェイスパックまでしている。

「柚葉、どうしたの?明日って何かあった?」
「前に話した通り、友達とお茶する予定だよ~」
「そっか、そうだったね」

― 友達って誰だろう。

気にはなったが、言葉をグッと飲み込む。夫婦とはいえ、過干渉は良くない。それに、昼間にお茶をするくらいなら、本当に友達なのだろう。

こうして、翌日の土曜日。ルンルンと鼻歌を歌う妻を送り出そうとした、そのときだった。

ドアノブに手をかけた柚葉が、急にこんなことを言い出したのだ。

「あ、俊平。悪いんだけど、洗濯物だけお願いできるかな?」

洗濯なんて、たかがボタン1つである。楽勝だし、妻がいない間に洗濯をしておくなんて“夫力”を見せつけられるチャンスだ。

「洗濯物?うん、任せておいて!」

そう笑顔で送り出したこのときの自分は、なんと能天気だったのだろうか…。

【夫力★向上委員会】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo