夫力★向上委員会 Vol.3

帰宅すると、異様に機嫌のいい妻が…。夫の知らぬ間に、女がコッソリ会っていた相手

“男女平等”が叫ばれている、昨今。

しかし「6歳未満の子を持つ夫婦の、1日あたりの家事・育児関連時間」は妻が平均7時間34分。

それに対し、夫は1時間23分(総務省「社会生活基本調査」)ほどだという。

日本における夫の家事参加率は、先進国の中でも最下位なのだ。

家事・育児に非協力的な夫。それに対し不満を抱き、愛想を尽かす妻たち。

これは、そんな「夫力(オットリョク)」皆無の男が、離婚を免れるために日々成長していく物語である…。

◆これまでのあらすじ

離婚を突きつけられた俊平は、謎のイケメン・流星が配信する「夫力向上委員会」という動画チャンネルを、偶然見つけてしまう。そして一方的にライバル視していた。

一方で、妻・柚葉もそのチャンネルにハマっていて…?

▶前回:「ゴミ捨てさえ満足にできない夫は、粗大ゴミと一緒」妻が結婚を後悔する瞬間とは


僕が呑気に、自宅で携帯ゲームをしていたあの日。買い物へ出かけた妻が、まさか本物の“流星くん”に出会っていたなんて。

そんなこと全く知らされていなかった僕は、難関ステージをクリアした直後、1人でバカみたいに大喜びしていたのだ。


既婚者の柚葉と、YouTuberである流星が出会った場所


「…ったく。何が『これから頑張るから』よ。結局、買い物に行くのは毎回私じゃない」

そもそも夫への期待なんて、はるか彼方。宇宙へと葬った。ただそうは思っていても、口先ばかりで何も変わらない夫にため息が出る。

たぶん俊平は、冷蔵庫を開ければ常に何か食材が入っていて、ビールは自動的に補充されると思っている。

だが実際、お酒はネットで注文しているし、食材は近所のスーパーまで私が買いに行っているのだ。

「結局人は変わらないのかなぁ…。今夜、何を作ろう」

仕事帰りで疲れている。化粧直しもしていないので、ボロボロだ。今から重い食材を持って、坂の下にある我が家へ帰らなければならないかと思うと、深いため息が出てきた。

「大根と鶏の煮込みでいいかな」

そう小さくつぶやいて、大根に手を伸ばしたときだった。私と同時に、もう1人その大根を取ろうとした人がいたのだ。

「あ、すみません」

そう言ってパッと手を離し、手が触れ合ったその人を見た瞬間。体に、稲妻のような衝撃が走った。

【夫力★向上委員会】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo