夫力★向上委員会 Vol.5

最近、やたらとゴキゲンな妻。夫が帰宅すると、フローリングに見覚えのない男の毛が落ちていて…

“男女平等”が叫ばれている、昨今。

しかし「6歳未満の子を持つ夫婦の、1日あたりの家事・育児関連時間」は妻が平均7時間34分。

それに対し、夫は1時間23分(総務省「社会生活基本調査」)ほどだという。

日本における夫の家事参加率は、先進国の中でも最下位なのだ。

家事・育児に非協力的な夫。それに対し不満を抱き、愛想を尽かす妻たち。

これは、そんな「夫力(オットリョク)」皆無の男が、離婚を免れるために日々成長していく物語である…。

◆これまでのあらすじ

流星という謎のイケメンが配信する「夫力向上委員会チャンネル」の動画にハマった俊平。しかし相変わらず“夫力”は向上していないのだった。

ある日、妻の下着と自分のパンツを分けて洗濯されていることに気づいてしまう。焦った俊平は“ある人物”に助けを求め…?

▶前回:「夫のパンツと、自分の洗濯物を一緒に回したくない」妻が夫を、生理的に受け付けなくなったのは…


「俊平。それさ、普通に離婚危機じゃない?」

今日は学生時代からの親友である亮太の自宅へ、遊びに来ていた。

会うのは久しぶりだったが、離婚を切り出された話や、自分の“夫力”が皆無であることを話しているうちに、耳の痛いことをズバッと言われてしまったのだ。

「えっ…。でも僕だって一応、頑張ってはいるつもりなんだけどなぁ」
「俊平の頑張りなんて、柚葉ちゃんからしたら大したことないんだよ。結果がすべてなんだから、とりあえず頑張り続けるしかなくない?」

その言葉に落ち込む僕は、うなだれながら小さくぼやく。

「でもさ。掃除とか洗濯とか、いつも気づいたときにはすでに柚葉がやってくれてるし。後手後手になっちゃうんだよね」
「まぁ、それはわかるわ」

男2人で納得していると、隣で聞いていた亮太の妻・遥さんが急に低い声でつぶやいた。

「世の中の男性は、妻のことをわかってなさすぎるのよ。ねえ俊平くん、最近柚葉さんの行動で変わったこととかない?」

遥さんの言葉を聞いた瞬間、僕はハッと息をのんだ。

そういえば最近、なんだか柚葉の機嫌がいい日がある。どうしてその日だけ、妻はご機嫌なんだろうか…?

【夫力★向上委員会】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo