食欲増進!「正肉」の名店 Vol.7

したたるほどにタレがからんだ、西麻布の人気焼肉!白米を注文せずにはいられない!

いま焼肉好きの間では、西麻布といえばこの店があがる。

店主・込山秀規さんの焼肉愛が魅力の名店『誇味山』である。

A5ランクの黒毛和牛を一頭買いし、極上のタレ焼肉を創造する達人の技を堪能しよう!

▶「正肉特集」前回:焼肉にはやっぱり「ネギ塩」が必要なんだ!旨み溶け出す“ネギ塩カルビ”にハマる!

※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!「東京の焼肉の名店」を完全網羅。アプリのダウンロードはこちらから。

「焼きしゃぶサーロイン」18,700円(コース内)。絶妙の加減で調えたタレが肉の旨みを引き出す。これぞ、サーロインの最も美味しい食べ方。店主曰く「ご飯との相性も抜群です」との誘惑もアリ


磐石のサーロインを、タレと卵黄で一層まろやかに


込山さんは、今から20年以上も前に当時は珍しかった「一頭買い」を実践した、レジェンドな職人。

今も確かな目利きで、A5ランクの黒毛和種・雌牛を一頭買いするが、この店で最も注力したのはタレだ。

基本のもみダレだけで3種を使い分け、部位はもちろん、客の好みや食べる順番も計算し、さらに5つの特製調味料を添えているという。

ザ・西麻布ともいうべき、外苑西通りに面した立地。目立つ看板がないところが隠れ家的で、ここで夜な夜な肉好きを唸らせる最高のタレ焼肉のコースが振る舞われている


そんな渾身のタレ味を堪能するなら、王道のサーロインがベスト。

カットの仕方は臨機応変でコース内容もフレキシブルだが、今日はストレートに旨い「焼きしゃぶ」に。

そして、極薄スライスをもみダレで和え、焼きも込山さん自ら客席で仕上げていく。焼き上がったら、卵黄ソースを絡め、黒胡椒とパセリを振りかけ、完成。

とろける肉に卵黄のコクが絡み付き、ため息が出るほど。

コースは終始タレ味だが変幻自在で、焼肉の進化系ともいえる独自性は西麻布の街によく似合う一軒だ。

【とある日のコースの一例】

・スペシャルアミューズ
・タレタン、タンシタ
・牛とろ丼とスープ キムチ盛り
・ハラミ、サガリ
・クリ、ハネ
・厚揚げリブロース包み
・ヒレとリブ芯のサンチュ
・シャトーブリアンカツサンド
・焼きしゃぶサーロイン etc


サーロインに隣接する「ハネ」は塊のままじっくり焼き、半分にカットしてから、胡麻辣油をまとって提供。


コースでは、この日肩ウデ肉の「クリ」が登場。

なんと、1センチほどの厚さにスライスし、実山椒などで味付け。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

正肉を一流の料理に昇華するタレへのこだわり!


組み合わせ次第で自由自在。

もみダレはコチュジャンや豆板醤の量を加減して3段階あり、甘さはザラメなどで加味している。

特製調味料はワサビ醤油に牛のスネやスジ、焼きアゴの出汁を合わせたものなど、5種を用意し、部位に合わせて提供。



焼き肉店の手腕が分かるとも言えるのが、タレ。

『誇味山』では、特製のタレがいくつも用意されており、多くの焼肉好きを虜にしてきた。

A5ランクの極上和牛にたっぷりタレを絡ませて、至極のひとときを過ごしてほしい。


▶このほか:濃い~味噌ダレカルビを“オン・ザ・ライス”で!米とタレ肉をかき込もう!

東カレアプリでは、「本当に美味しい焼肉店」だけ完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、渾身の「焼肉」特集!東京を艶やかに生きる大人は必携の「焼肉バイブル」!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は8/20(金)から。

【食欲増進!「正肉」の名店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo