焦がし“ガリバタ”が溶け出すハラミに夢中!恵比寿で個性を放つカウンター焼肉


駅の東西に人気の焼肉店がひしめきあう恵比寿エリア。

この激戦区でオープン3年目を迎え、確実にファンをつかんでいるのが『焼肉一七三』だ。

カウンター主体の店内では、店主・稲見昌克さんの確かな目利きによる焼肉を気軽に楽しめる。

この店で絶対に食べるべきなのが、1人前100gから10g単位で注文できる豪快な塊肉だ。

スタッフによってベストな状態に焼き上げられ、肉好きを大いに喜ばせているというメニューを見ていこう。



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、発売中の最新号を電子書籍で今すぐご覧いただけます!「東京の焼肉の名店」を完全網羅。アプリのダウンロードはこちらから。

バーナーで豪快に炙る、“背徳感”たっぷりのハラミが白飯を呼ぶ!

「塊のハラミ」2,200円(100g)〜


『焼肉一七三』の代名詞とも言えるのが、それぞれ肉質に合わせた味つけで提供される2種のハラミ。

まずは「塊のハラミ」を食べてほしい!

これでもかという塊肉に、ガーリックバターをオン。最後にバーナーで炙るパフォーマンス付きだ。

オーストラリア産ハラミの優しい肉質が、パンチのきいた味わいに変わる。

ニンニクの香りをガツンとまとい、鉄板の上に肉汁と溶けたバターがジュージューとあふれ出て食欲をそそる!

辛子を効かせた醤油ダレにサッとつけて、熱々の白いご飯にのせて頬張れば……至福のひとときが訪れるだろう。

上質な和牛ハラミは、青ネギをこれでもかと盛り付けてあっさりと!

「塊の特上ハラミ」2,750円(100g)〜


赤身とサシのバランスが絶妙な国産ハラミを使うのが「塊の特上ハラミ」。

上品な脂を湛えた和牛の旨みを最大限引き出すため、たっぷりの青ネギといただく。

一味ポン酢のタレをつければさらに後味さっぱりで、「おひとりで、600gを平らげる常連さんもいらっしゃいますよ」という稲見さんの証言にも納得だ。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

ステーキでもおなじみの高級部位はミディアムレアで肉の美味しさを堪能!

「塊のヒレ」3,000円(100g)〜


赤身でありながら非常に柔らかく、ステーキなどで人気のヒレも塊肉で用意。

繊細な味わいを損なわないよう弱火で慎重に焼き上げられるこちらは、塩とワサビでシンプルに食べるのがオススメ。

舌触りは滑らかで、ひと噛みすると肉の甘みが広がりすっと口中から溶けていく。

恵比寿駅から徒歩2分とアクセスも抜群


紹介した塊肉以外にも、正肉、ホルモンと申し分ないクオリティの部位が揃いながら、どれもがお財布に優しい価格設定なのもうれしい。

おひとり様でも気兼ねなく使えて、桁違いの満足感を味わえるカウンター焼肉。覚えておいて損はない。

東カレアプリでは、「本当に美味しい焼肉店」だけ完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、渾身の「焼肉」特集!東京を艶やかに生きる大人は必携の「焼肉バイブル」!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は8/20(金)から。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo