こじれたふたり Vol.3

女の子と飲みに行くより、家でアレに没頭したい…。モテすぎる男が自宅に隠した、見られたくない秘密とは

目まぐるしい東京ライフ。

さまざまな経験を積み重ねるうちに、男も女も、頭で考えすぎるクセがついてしまう。

そしていつのまにか、恋する姿勢までもが”こじれて”しまうのだ。

相手の気持ち。自分の気持ち。すべてを難しく考えてしまう、”こじらせたふたり”が恋に落ちたとしたら…?

これは、面倒くさいけれどどこか憎めない、こじらせ男女の物語である。

◆これまでのあらすじ

志保とショーンが出会ってから、3回のデートを重ねるも何の進展もないまま。志保はショーンが何を考えているかわからない。そんなとき、「ショーンは遊び人だ」という噂を耳にしてしまうのだが…。

▶前回:3回目のデートでも進展ゼロ。不審に思った女が、男の”裏の顔”を探ってみたら…


ショーン:「…早く帰りたい」


六本木交差点に、怪しげな空気を纏った美女が2人。通りかかる多くの男たちが、彼女たちに視線を送る。

そんな華やかな光を発する彼女たちもまた、意味ありげな視線を投げかけていた。その相手は、…この僕だ。

視線は痛いくらい、僕の全身を這うように巡る。

けれど、信号が青になる......


【こじれたふたり】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo