セルフ・ラブ~20代女子の矛盾~ Vol.2

「結婚したいのに妥協できない」26歳こじらせ女子が手放した、理想の相手の条件とは?

結婚・出産・転職。

20代には人生を大きく変えるイベントがぎゅっと詰まっている。

そんな大きな決断をまえにすると、多くの人は悩む。

世間一般で言われる“幸せ”と、「わたしはわたし」と考える“セルフ・ラブ”はズレるから―。

これはさまざまな葛藤を抱えながら、自分だけの正解を見つけようともがく、20代女子の内面を描いた物語。

まず紹介したのは、外資コンサル企業勤務 27歳・進藤ミアのニューノーマルな真剣交際。

そして今回お届けするのはこじらせ女子、26歳マイのストーリー。

▶前回:「男は日替わりカクテル」の27歳女子が見つけた、ニューノーマルな真剣交際とは?


File2 川口マイ(26) 大手金融勤務の場合


小さい頃から、大人になったら周りに自慢したくなるくらい大好きな彼と結婚して、温かい家庭を築くものだと思っていた。

けれど、今は違う。そんな相手と結婚できる人なんてどれくらいいるのだろうか。

結局、いろいろなところでよく耳にするけど「結婚は妥協」なのかな。



「ザ・結婚に向いてる男性って感じの旦那だね」

共通の友人の結婚式に一緒に参加したカナが、嫌味っぽく耳打ちしてきた。

「わかる、きっとこの会場にいる誰もが思ったよね。良い意味か悪い意味かは置いといて」

披露宴に登場した2人に、口角をキュッとあげて拍手を送る。

特にかっこいいわけでも背が高いわけでもなく、社交的で一緒にいたら楽しそうな旦那さんだ。

今日は大学の2年間、同じ語学のクラスだった女友達の結婚式。彼女は、クラスでは1番かわいいと言われていたし、ノリもよく、彼氏はいつもイケメンだった。

「大学卒業してもモテただろうにね。なんで彼なんだろう」

カナが相変わらず笑顔を保ったまま、小さく首をかしげ、また耳打ちしてきたので、私も新郎新婦から視線を外さずに答える。

「うちらもそろそろ目を覚まさなきゃいけないのかな。かなり妥協して探していると思うんだけどな…」

「いや、確実にマイの妥協は妥協ではないよ」

「そうかな?超絶イケメン!とまではいかなくていいから普通に顔立ちが整ってて、お金持ちとは言わないから自分より収入があって、一緒にいたら楽しくて、私のわがままを聞いてくれる優しい人。すべてにおいてハイレベルを求めてないと思うんだけど。あ、あと身長は譲れないわ」

カナは何も言わず、代わりに呆れた様子でため息をついている。

早く結婚して家庭を持ちたいと思っていた私は、もうすぐ27歳になるのに彼氏がいない状況に焦っている。

彼女とは大学卒業以来疎遠になっていたが、今すぐにでもどうしてその旦那さんを選んだのかを聞きたかった。

人気者だった彼女が言うことなら、結婚はそういうものだと受け入れられる気がする。

私は、2次会でそのチャンスが来ることを祈った。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ケンとは何度デートしたかわからないけれど、結構会っているのに全然しっくりこない…楽しくないならやめて正解だったと思う。逆にダイキは外見はともかく一緒にいて楽しいとか意外な一面が魅力的とか、何よりデートが楽しみみたいだから気が合うんだろうね!妥協と思って付き合い始めたら好きになることもあるってことだ。
かなりのイケメンでドタキャンするマサキは論外。
2021/08/02 05:2190返信1件
No Name
大学卒業以来疎遠だった人まで披露宴に招待するんだね…
でもあんなに悪口言われるのとか…嫌だなぁ。
2021/08/02 05:2376返信7件
No Name
相手されてるうちにいい人見つかりますように
2021/08/02 05:0936
No Name
でも現実は可もなく不可もない男にすら相手にされないカナちゃん。
2021/08/02 06:4825
No Name
いつもはそんなことあまり思わないけど、文章がダラダラしてたな。
途中読み疲れしちゃった。
2021/08/02 07:3223
もっと見る ( 44 件 )

【セルフ・ラブ~20代女子の矛盾~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo