ドクターKの憂鬱 Vol.5

人妻に翻弄され、失恋した大病院の御曹司。彼が見合いをした意外な相手は?


”ドクターK”と呼ばれる男は、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。

彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。

恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?

◆これまでのあらすじ

銀座のママである愛子とのアフターの帰り、影山は彼女への想いを口走ってしまう。しかし、愛子に突き放された影山は何も言うことができず…。

▶前回:「私も好きって言ったらどうなるの?」既婚の年上女性が、34歳医師に突きつけた厳しい現実


2016年7月中旬。

この日、僕は親に決められた見合いのために、大阪に向かっていた。

「どうしても、お断りできないお見合いのお話があるの。大阪まで来てちょうだい」

神戸の母から電話があったのは、2週間ほど前のことだ。

「仕事が忙しいから、勘弁してよ」

母......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
いい歳して、ブチ切れた。なんて書く?
私でも書かない。いちいち、銀座のママというより場末のスナックみたい。
2021/07/01 05:4899+返信2件
No Name
新幹線内でお連れの方がいても、ママはカゲヤマ呼ばわり😂😂
2021/07/01 05:2799+返信5件
No Name
愛子さんも未来のない相手にちょっかい出さなくていいのに
2021/07/01 06:2842
No Name
カゲヤマって、普段は大阪弁にならないいんだね、どうでもいいけど東京に長く住んでいてもバリバリの大阪弁の人多いから。
2021/07/01 05:3228返信9件
No Name
カゲヤマ呼びでなければもっと読みやすかったかもしれない。
お店の外でお客さん連れなのに、ほかの男に声かけるかな?いわゆる太客ならまだしもカゲヤマだし・・
愛子さんからどうしても銀座のママ感が感じられない。銀座のクラブに行ったことない人が水商売だしこんなもんだろうっていう想像で書いている?
2021/07/01 07:2322
もっと見る ( 76 件 )

【ドクターKの憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo