先週のアクセスランキング!1位は、「最高でも医者妻、最低でも医者妻」夢を叶えた25歳女が、結婚式直前に知った戦慄の真実

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“夢を叶えた女が、結婚式直前に知った戦慄の真実”に“自粛がキッカケで入籍。女が困惑した夫からの提案”から“深い関係になった後に知った、男の驚きの事実”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「最高でも医者妻、最低でも医者妻」夢を叶えた25歳女が、結婚式直前に知った戦慄の真実

「お兄ちゃん二人は、無事に医学部に入ったのに…沙耶は頭が私に似ちゃったのね。兄弟も従妹もみんな医者で裕福なのに、あなただけ、生活レベルも住む世界も違うなんてみじめよ。

でもね、この綺麗な顔があるから大丈夫。絶対にドクターと結婚できるわ。

そのためにはOLよりCAがいいわ。沙耶くらい可愛かったら大手エアラインのCAになるのは簡単。そうすれば毎週のように出会いがあるからね」

私は、勉強なんてちっとも好きじゃなかったし、美人でちやほやされて生きたほうが得だ、と気づき始めていたから、母の提案は渡りに船だった。“女としての価値を上げて、医者の妻になる”、と15歳で心に誓った。

続きはこちら

★第2位
「子どもを産まないなら、その代わりに…」DINKSでいることを選んだ妻に、夫が持ちかけた提案とは

「淳之介と出会って20年か。私の人生って、なんて幸せだったのかしら」

2人は、自宅のダイニングテーブルで向かい合い、ワイングラスを目線で掲げ合う。

「40年後もそう言ってもらえればいいけど」
「まだまだ先が長いわね」

そう言って2人は笑顔を交わす。

―もし、子どもがいれば…。

続きはこちら

★第3位
自粛がキッカケで入籍。でも夫が家賃25万の白金高輪1LDKから、杉並区で車を持ちたいと言い出し…

「結婚するタイミングで、引っ越さない?もう少し広いところに」
「そうだね、私もそろそろ引っ越したいと思っていたところ」

当然、今住んでいる界隈…港区、渋谷区あたりで探すと思っていた。だが大輔の言葉に、私は何も返事ができなくなってしまったのだ。

「実家に近い、杉並区あたりに引っ越したいなと思って。そっちの方が、同じ家賃でもかなり広いところに住めるし、車も持てそうだから」

杉並区なんて、聞いていない。でも、結婚はしたい。大輔から、天秤にかけられた気がした。

続きはこちら

★第4位
「まさか夫が…!?」妊活が原因で、夫婦に生じた亀裂。焦った35歳妻が下した決断

― こういうのって本人が診察してもらわないと意味がないんじゃ…。

そう指摘したい気持ちをグッとこらえ、お礼の言葉をLINEで送る。

結婚する前は、話しやすい義母で良かったと思ったが、こんなにしょっちゅう連絡してくるのは予想外だった。そもそも、義母が漢方薬を送ってくる理由は、単に私の冷え症を心配しているからではない。

私たち夫婦に、子どもがいないからだ。

続きはこちら

★第5位
「付き合って」の一言もなく深い関係になった男女。その後、女が知ってしまった驚きの事実とは

「絵美さん、さっきのどういうことですか?松田さんと飲みに行って大丈夫だったか、って」

前々から楽しみにしていた、イタリアンレストランでのランチの最中。萌は運ばれてきたマルゲリータピザもそっちのけで、絵美に詰め寄った。

「実は松田さん、この間まで私の同期の春香と、半年くらい社内恋愛してたんだ…」
「ウソ、知らなかった…。それに松田さん、私には一言もそんなこと言ってなかったですよ」

続きはこちら



【東カレユーザーの悩みを緊急アンケート!】

誰しも悩みや誰かに相談したいことはあるはず!

皆さんからの回答結果をもとに、新企画がスタートします!
あなたの悩み、ぜひお聞かせください!

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/INQTEI6W

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo