この結婚、間違ってた? Vol.6

「今さら妻とは…」交際期間が長い夫婦。子どもを作るため、夫がとった衝撃的な行動

「やめるときも、すこやかなるときも、あなたを愛する」と誓ったはずなのに…。

“やめるとき”は、愛せないのが現実。

思い描いていた結婚生活とは程遠く、二人の間に徐々に生じ始める不協和音。

「こんなはずじゃなかった」と不満が募ったとき、そもそも「この結婚、間違ってた?」とふりかえる。

あなただったら、この結婚生活やめる?それとも…?

▶前回:「普通の幸せが欲しい…」高級レジデンスで優雅に暮らす、29歳セレブ妻が抱える心の闇


Vol.6 女として愛されたい


【今週の夫婦・結婚4年目】
夫:真人(31)総合商社勤務
妻:早苗(31)バリスタ


「えっ…!結婚してから1回だけ?その1回で、莉子ちゃんができたの?」

「ちょっと玲子!!」

神南にあるカフェで、大学からの友人・玲子が大きな声を出すので、慌てて注意する。

「私もそうなったらどうしよう~。今はまだ付き合って半年だから大丈夫だけど、結婚したら、やっぱり減るだろうなぁ…」

玲子は、神妙な面持ちで、アイスラテを一口飲んだ。

「そういう悩みは、まずはプロポーズされてからね!」

私は、カプチーノのカップを持ち上げながら、わざと軽快に言い返した。

「もぉ~、早苗は意地悪だねぇ。ね、莉子ちゃん」

来月1歳になる娘の莉子は、大人しくベビーカーの中で麦茶を飲んでいる。

私は、結婚を機に新卒から勤めていた出版社を退職し、都内のカフェでバリスタになるための修行を経て、資格も取得をした。

育休中の今、こうして他店のコーヒーを勉強がてら飲みに来ている。

稼ぎを気にせず、好きなことを仕事にできるのは、夫がいるからだ。でも、私たち夫婦は、解決困難な“ある問題”を抱えている。

玲子に打ち明けたのは、私たち夫婦の夜の営みのことなのだ。

― やっぱり、言わなきゃ良かったかな…。

真っ昼間に、子どもを連れて話す内容ではなかったと反省したが、もう遅い。玲子の目は、そうなった背景や原因、解決する見込みはあるのかを聞きたがっている。

【この結婚、間違ってた?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo