東京就活事情 Vol.8

「どうしてもCAになりたい…!」見栄とプライドを捨てて転職した客室乗務員の、惨めな婚活事情

就職活動は、今や「売り手市場」と言われ、かつての就職氷河期などどこ吹く風。

しかし、時代を問わず“狭き門”とされる企業は常に存在し、選ばれし者だけが生き残るのが現実だ。

そして「就活の頂点」を目指す若者たちは皆、こう信じている。

−就職で、すべての人生が決まる。

本連載で紹介するのは、内定のためなら手段を選ばない数々の猛者たち。彼らが語る、驚くべき就活のリアルとは?

先週、ボストンまで飛んだ女が登場したが、今週は!?


【今週の就活女子】

・名前:舞(31歳)
・現在の勤務先:中堅航空会社
・出身大学:都内女子大学
・就職時の内定企業:大手建設会社


「さっきフライトから帰ってきたばかりで…」

舞は、お団子ヘアーに赤い口紅、某ブランドのダウンを羽織り、同じく定番ブランドのト......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
すごく気持ちがわかります。わたしは入社前に年齢、体力、給料などに気づいてCA 転換しなかったけど。 せめて建設会社働きながら転職活動すればよかったのに。
2018/03/22 05:3499+
No Name
どうしてもCA!って人いるよね笑
何がしたいのか理解に苦しむが。(CAに喜ぶ男性の心理も理解不可能)
知り合いにもこのタイプの女性がいたが、契約社員にしかなれず、親から生活費もらってましたよ。恥ずかしい
2018/03/22 06:0994返信7件
No Name
めちゃわかります!元中堅航空会社のCAです。
どんなに頑張って社歴あがってもお給料は変わらずで、体力的に長く働ける仕事じゃないからみんなの口癖は、早く結婚したい!それに気づいて、転職活動しても、手に職なしの事務仕事もできないからすごく苦労しました。なので、この方の気持ちよくわかります!
2018/03/22 05:4086返信9件
No Name
休みも多いしお給料もそれなりに頂けますが、肉体的精神的な負担を考えると割に合わない仕事だとは思います。イレギュラーが起こった際は予定していた勤務時間を超えて何時間も機内に缶詰めになることもあります。
何より安全を守ることが仕事のため、常に緊張感を持って働いています。
機種毎に必要な資格を取るために勉強が必要ですし、路線やクラスによりサービス内容、メニューも異なり、担当するポジションによって仕事内容
も異なります。
指定された出社時間の何時間も前に会社に着き、ひたすら勉強をしてフライトに臨みます。
皆さんがただの空のお茶汲みだと思って見ているCAの笑顔の裏側には、そういった見えない努力があります。
CAが特別という訳ではなく、どんなお仕事も大変なのに変わりはありません。OLも他のサービス職も経験したことがありますが、このコメント欄であまりにもCAの仕事が蔑まれていて悲しいです。
2018/03/22 13:5983返信3件
No Name
接客業プラス肉体労働で、3Kの仕事だけどイメージだけで一部女子にここまで人気なのは凄いと思う。でもそのお陰で、もっと条件の良い仕事の競争率が少し下がるわけだからまあ良いんじゃないかな。
2018/03/22 07:0356返信3件
もっと見る ( 101 件 )

【東京就活事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo