リバーシ~光と闇の攻防~ Vol.5

社長から渡された、従業員リスト。秘書を戦慄させた、恐怖の中身とは?

東京の平凡な女は、夢見ている。

誰かが、自分の隠された才能を見抜き、抜擢してくれる。

誰かが、自分の価値に気がついて、贅沢をさせてくれる。

でも考えてみよう。

どうして男は、あえて「彼女」を選んだのだろう?

やがて男の闇に、女の人生はじわじわと侵食されていく。

欲にまみれた男の闇に、ご用心。

◆これまでのあらすじ

秋帆は、黒川に、社員からの自分の評判を聞きだすよう依頼される。ある人物が不満を漏らしていると伝えると、黒川の様子がおかしくなる。引き続き、評判を聞きだすことを頼まれるが…?

▶前回:「彼のためなら何でも…」上司に心酔する女が引き受けてしまった、禁断の仕事


「スケジュール調整をお願いしたい」

秋帆より少し遅れて出社した黒川は、そう言いながら書類を渡してきた。

「承知しました」

早速中身を見てみると、そこには社員の名前がリストアップされている。

経営企画、財務、人事、営業など、部署はバラバラ。年齢層もバラバラで、基準はよく分からない。

秋帆がぼんやり名簿を眺めていると、黒川は机を指で叩きながら、ひどく苛立った様子で続けた。

「経営企画の彼と、大至急面談をセッティングしてくれ。明日までに必ず。

予定はキャンセルしてでも、面談優先だ」

その声の大きさに、秋帆は思わずビクッと肩をすくませた。何をそんなに焦っているのだろう。

「は、はい…。では、面談の目的は何とお伝えすればよいでしょうか」

すると黒川はニヤリと笑って、こんなことを口にした。

「悪い芽は早めに摘んでおかないとね」

― 悪い芽…?摘んでおく…?

不穏な言葉に、秋帆は言葉を失った。黒川は、一体何を企んでいるのだろう。

「冗談だよ。会社方針に関する意見交換とでも伝えてくれ。よろしく」



― あれ、これって…?

自席に戻って改めて名簿を眺めてみると、秋帆はあることに気づいた。

このリストに載っているのは経営企画部の社員をはじめとして、黒川に頼まれたヒアリングで、“不満を漏らしていた”と、報告した者たちだと。

【リバーシ~光と闇の攻防~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo