23区のオンナたち Vol.7

「蒲田に住んでるって言いたくない…」年収550万の女が、引っ越した先に見つけた大切なモノ

住んでいる街によって、人生は変わり、また人も変わる。

2020年、東京の街は大きく変貌した。

店は閉まり、代わりにフードデリバリーの自転車を頻繁に見かけるようになった。また時差通勤やテレワークが導入され、ラッシュ時の人は減った。

では、東京に住む女の人生は、どう変わったのだろうか? エリア別に、その実態に迫る。

今回は品川区大崎在住・麻衣(26)の話。

▶前回:40歳で離婚、子持ちのシングル女に。代官山で家賃30万を支払う重圧に耐えかねて、結局…。


“充実した東京ライフ”に翻弄され続けていた、品川区女子・麻衣(26)


「暇だなぁ…」

木曜18時。特に見たいものがあるわけではないけれど、なんとなく流しっぱなしにしているNetflixをダラダラと見ながら、つい声が出る。

大崎駅から徒歩10分のところにある1K、家賃11万6千円の狭い部屋で、彼氏がいないフリーの私は、暇を持て余していた。
......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
早稲田の院に行ったのかな
こういうときってもう手遅れで、
既に彼女ができてるのが多い気がする笑
2021/04/29 05:4199+返信12件
No Name
遼の事をどうしてそんなに下にみてたんだろう?
自分が先に社会人になったのだから、高級店でデートなんて夢のまた夢とかじゃなくて、自分がご馳走してあげればよかったんじゃない?彼はまだ学生なんだから。しかも卒業したら俺も追いつくと言ってたのに…すごい身勝手だったね。
2021/04/29 05:3599+返信16件
No Name
似たような話がいくつも有ったような....
自分が先に社会人になって、彼はまだ大学院生とか法科修習生でそんなにお金が無く。
年上のちやほやしてくれる男と比べて別れたパターン!
2021/04/29 05:2563返信9件
No Name
お食事会いっぱい参加したけど本命彼女にはなれなかったってことかな? その程度の女だったってことか。
2021/04/29 05:5936返信1件
No Name
別れてから優良物件だと気付いた、終盤にはスペックでしか男性を見てなかったけどもっと大事なことがある、等と言いながら最後はやっぱり元カレに会いたい!?いい感じに終わらせるかと思いきや、やっぱり優良物件の男をゲットしたいだけじゃん!とつっこみたくなりました😂
2021/04/29 06:3932返信1件
もっと見る ( 101 件 )

【23区のオンナたち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo