リバーシ~光と闇の攻防~ Vol.2

上司から与えられる、“無償の愛”。24歳OLの人生が狂い始めた夜の出来事

東京の平凡な女は、夢見ている。

誰かが、自分の隠された才能を見抜き、抜擢してくれる。

誰かが、自分の価値に気がついて、贅沢をさせてくれる。

でも考えてみよう。

どうして男は、あえて「彼女」を選んだのだろう?

やがて男の闇に、女の人生はじわじわと侵食されていく。

欲にまみれた男の闇に、ご用心。

◆これまでのあらすじ

埼玉で地味な日々を送っていた秋帆は、ひょんなことからwebの広告代理店に採用される。社長の黒川にデパートに連れていかれ、大量のプレゼントをもらうが…?

▶前回:出会って3分、IT社長に見初められた地味女。彼に与えられた「衝撃の仕事」


― なんて気持ちが良いんだろう…。

広々としたバスタブで、秋帆はつい眠ってしまいそうになった。首を振って意識を取り戻す。

ミストサウナ付きの浴室なんて初めてだった。どんなものだろうとスイッチを入れてみると、まるでエステのような気持ち良さ。すっかり虜になってしまい、かれこれ1時間以上もお風呂に入っている。

サウナの合間に、すでに浴室に用意されていたジョンマスターオーガニックのボディソープで身体を洗う。

さわやかな香りがバスルームいっぱいに広がった。

― ちょっと浸りすぎちゃったかな…。

1時間以上も入っていると、さすがに頭がぼんやりしてきた。鏡を見ると、顔もかなり上気している。

浴室から出た秋帆は着替えると、ぼんやりした頭を夜風で冷やそうと、窓を開けてバルコニーに出る。

「わぁ…。なんて綺麗なんだろう」

思わず感嘆の声が漏れてしまう。視界いっぱいに、吸い込まれそうなほど美しい夜景が広がる。

時間も忘れてうっとりと見つめていた秋帆だが、「そうだ」と、あることを思いつく。

― 久しぶりにインスタにでもアップしようかな。

ここ半年は、アップするほどの出来事もなかったので更新していなかった。

だが今、こんなにも”映える”景色を前に、投稿しないわけにはいかない。秋帆はパシャパシャと夜景を写真に収めた。

― ついでに、黒川社長が連れて行ってくれた鉄板焼きも載せちゃお。

”自宅マンションからの夜景!きれいでずっと眺めちゃった”

”歓迎会で、銀座!アワビもお肉も超美味しかった”

こんなコメントをつけて、何の気なしにアップしたのだった。

【リバーシ~光と闇の攻防~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo