• PR
  • 「1カ月以内に、結婚相手を絶対見つけたい…」30歳を目前にして、女が実行した秘策とは?

    ―20代で結婚するのが、夢だったのに…。

    あと1カ月で30歳になる麻里奈は、焦りを感じていた。

    誕生日までに彼氏を作ろうと決意し、本気の婚活を始める彼女。果たして1カ月のうちに幸せを掴めるのか…?

    これは、30歳の誕生日を目前に控えた麻里奈の、1カ月間の奮闘ストーリー。


    6月5日:「えっ、あと1カ月で私30歳になるの…?」


    「嘘でしょ…」

    それは、ある週末のこと。ウィンドウショッピングをしていた麻里奈は、何気なくスマホ画面を見て、呆然と立ち尽くした。

    目に飛び込んできたのは、“6月5日”という今日の日付だ。

    ― どうしよう。ちょうどあと1カ月で私、30歳になる…。

    焦っているのにはワケがある。なぜなら麻里奈の目標は「絶対に30歳までに結婚すること」だったのだ。

    コロナ禍ですっかり出会いも減り、藁をもつかむ思いで、マッチングアプリにも登録した。30歳までに何が何でも結婚したいと思っていたのに…。

    居ても立っても居られなくなって、麻里奈は、親友の美穂にLINEを送った。

    『美穂、聞いて。7月5日の誕生日まで、あと1カ月だって気づいたの。

    私、決めたことがある。結婚はさすがに間に合わないけど、せめて30歳の誕生日までに彼氏を作ってみせる…!』

    するとさっそく既読がついて、美穂から返信がきた。

    『もちろん、応援する!でも、信吾くんのことは諦めちゃったの…?』

    信吾は、麻里奈の同期男子だ。前から気になっているものの、彼はとにかくモテる。

    しかも、前は会社帰りによく飲みに行っていたが、出社が減った今では、顔を合わせる機会も少なくなり、諦めかけていたのだ。

    『信吾はモテるし、私じゃ手に負えないよ…』

    返信を打ちながら、ある記憶が蘇る。自分から積極的に頑張ろうとした時期もあったが、以前飲んだときに、信吾が “飾りすぎていないナチュラル系美人がいい”と言っているのを聞いてしまった。

    ― 明らかに私は彼のタイプじゃないのよね…。やっぱり信吾のことは忘れよう。

    『彼のことはもういいの。それより誕生日までに彼氏を作るって決めたから、婚活の極意、伝授して!』

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo