ヤドカリ女子 Vol.2

「こんな姿、見せられない…」男の家を泊まり歩く28歳女が、泣き崩れたワケ

見た目も仕事も隙がなく、完璧な女。

周囲からは“憧れの的”としてもてはやされるが、そんな人物にこそ、裏の顔がある。…完璧でいるためには、ストレスのはけ口が必要だからだ。

PR会社で多忙を極める28歳の綿谷あんなは、求愛してくるいろんな男のもとを毎晩泊まり歩き、決して自宅に帰らない。

母親の“呪い”に、乱れた生活。そして歪んだ自尊心…。

これは、そんな女が立ち直っていくストーリーだ。

◆これまでのあらすじ

容姿端麗な28歳、綿谷あんな。多忙なPR会社で働くが、常に余裕のある振る舞いで社内では憧れの的だ。しかしその裏では、毎晩男の家やホテルを泊まり歩き鬱憤を晴らしていた。

毒親の母からの依存、見栄っ張りな性格…もがき苦しむあんなが家に帰らない大きな理由。―それは、散らかった自宅が嫌いだからだった。あんなは掃除をはじめ、家事が全くできなかった。

▶前回:ヤドカリ女子:仕事も男も手玉に取る28歳女。彼女が決して自宅に帰らない理由とは


「おはようございます!時刻は午前4時50分…」

眩しすぎるライトの向こうで、早朝の情報番組を担当する女子アナが微笑んでいる。その様子をスタジオで眺めながら、あんなはマスクの下であくびをかみ殺した。

―クライアントの商品が紹介されることになったのはありがたいけど、朝4時にテレビ局入りはきついな。

PR担当として放送に立ち会わなければいけないが、さすがに体の負担が大きかった。昨日、麻布十番に住む男のマンションに泊まれたのが、唯一の救いだ。

自宅に帰ったおとといは、結局一睡もできなかった。

今日は誰の家に帰ろうか。そんなことを考えていると目的のコーナーが始まり、慌てて意識を切り替えた。



「綿谷さん眠くないんですか?」

コンビニで買ったアイスコーヒーを啜っていると、不意に隣のデスクから話しかけられた。

「今日、朝4時にTQBテレビ行ってましたよね。もう21時ですけど…」

眠くないわけがない。しかしこう尋ねられるということは、平気そうに見えているということだ。

「大丈夫。2時間後に化粧品のインスタライブがあるから、何かあったときのためにいないとね」
「え、あれ山本さんの案件ですよね?」
「うん。でも何回かヘルプ入ったし、一応最後まで見届けようと思って」

へえ、と彼は感嘆の息を漏らす。

「案件たくさん抱えてるのに、先輩のヘルプまで…。さすが綿谷さん、すごすぎます」

そのときだった。スマホが振動して着信を知らせる。画面には“山本さん”と表示されていた。

「はい、綿谷で…」
『リリース送付先に、「インスタライブは今夜23時から」って今すぐ電話して!』

耳元で叫ぶ声に、あんなは思わずスマホを耳から離す。

「どういうことですか?」
『リリースが間違ってた。…明日の日付になってたんだよ』

【ヤドカリ女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo