ねぇ、いくつに見える? Vol.9

「年齢を6歳サバ読みしていて…」真実を告白した瞬間、女が絶望した年下彼氏の反応とは

女は、いくつになっても若く見られたい。

特に自身の年齢にコンプレックスを持つ女たちは、エステやメイク、ファッションやヘアスタイル…。

誰よりも美容に気を使い、若く美しく見せることに必死になる。

おかげで、実年齢をうまくごまかすことはできるけど…。

―もう本当の年齢は、誰にも告げない。

そう決心したある女がいた。彼女は今日も鏡の前で、こうつぶやく。

「ねぇ。私、いくつに見えますか?」

◆これまでのあらすじ

サロンを経営している38歳の蘭子は、BARで33歳の純太と出会う。そして「年齢は32歳」と嘘をついたまま、交際を開始してしまった。

しかし罪悪感を持ったまま交際することに耐えられなくなった蘭子は、ついに自分の年齢を告白してしまい…?

▶前回:恋人と濃密な一夜を過ごした直後、部屋に突撃してきたヤバい女の正体とは


「私、32歳と言っていたけど実は38歳なの。もうすぐ39歳で…」

そう言って蘭子は、自宅の玄関前でうなだれた。

純太と共に、幸せな朝を迎えたはずだったのに。突如やって来た嵐のような来訪者が引き金となり、ついに本当のことを打ち明けたのだ。

「ちょっと、意味がよくわから......


【ねぇ、いくつに見える?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo