卒業生の年収が高い米大学ランキング、名門ハーバードを上回った“意外な大学”とは?

今日知っておきたい旬な話題を厳選したWorld Trend News。

毎日の5分で世界のトレンドをキャッチしよう!(火曜日~土曜日 朝5時配信)

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

卒業生が最も稼げる大学は?

米紙ウォールストリート・ジャーナルと英高等教育専門誌タイムズ・ハイアー・エデュケーションが、卒業10年後の平均年収が高い米大学のランキングを発表した。

それによると、ニューヨーク州のオールバニ薬科健康科学大学がトップで、卒業生の10年後の平均年収は12万700ドル(約1,260万円)となった。同大学は薬剤師の育成を目的として1881年に創立した私立大学で、学費は約3万5,000ドルと、名門私立のハーバード大やイエール大より3割ほど安い。

2位はマサチューセッツ薬科大(11万4,033ドル)、3位はマサチューセッツ工科大(9万6,033)ドルだった。

名門私立のアイビー・リーグでは、ハーバード大が最高の9万2,033ドル(5位)、ペンシルベニア大が8万2,667ドル(10位)などとなった。

◆全米大学ランキング2021はこちら(英文)

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

帝国ホテルが“自宅”に!?

帝国ホテルは1日、「サービスアパートメント」事業を始めると発表した。

東京・千代田区にある「帝国ホテル東京」の一部フロアを改修し、99室を専用アパートとして貸し出す。

スタジオタイプ(約30㎡)の場合、月額36万円で、室内清掃や共用スペースでの朝食用のパン提供、ラウンジでのコーヒーや紅茶の提供、フィットネスセンターの利用などがついている。

ルームサービスによる食事の提供は30日間で6万円、ランドリーサービスは3万円で定額利用できる。

307e680645efcf8ae6da01c3d26a0e

日本で働く外国人 最多を更新

厚生労働省によると、日本で働く外国人は2020年10月時点で前年比4%増の172万4,328人となった。

新型コロナウイルスの影響などで増加のペースは鈍化したものの、過去最多を更新した。

国籍別では、ベトナムが10%増の約44万人で、中国を抜いて最多となった。

◆厚労省 外国人雇用状況の届出状況 詳細はこちら

E13bf0670595c2a6536b3e9bd82166

クーデターでスー・チー氏拘束

ミャンマーで1日、軍によるクーデターが起き、与党・国民民主連盟を率いるアウン・サン・スー・チー国家顧問が拘束された。

ミャンマーでは、2020年11月の総選挙でスーチー氏が率いる与党が圧勝し、議席を減らした国軍系の最大野党が選挙で不正があったと主張していた。

軍は声明で、政権を掌握したと発表し、総選挙をやり直す考えを表明した。

ミャンマーは軍事政権が長く続いたが、2011年に民政移管した。民主化以降は現地に進出する日本企業が増え、JETROのホームページによると2020年8月時点で414社が進出している。外務省によると在留邦人は19年時点で3,168人。

E13bf0670595c2a6536b3e9bd82166

香港市民への特別ビザ発給

イギリス政府は、香港国家安全維持法の施行を受け、香港市民が英国市民権を獲得しやすくする特別ビザの申請受け付けを開始した。

1997年に香港が中国に返還される前に生まれた人やその家族が対象で、申請資格がある人は香港市民の約7割の約540万人に上る。

特別ビザを取得すると英国に5年間滞在でき、その後、市民権や永住権を申請できる。

香港メディアによると、英政府は最多で約105万人の移民が生じると試算しているという。

76ede58a050e96dd9079a824c232ca

東京初のカフェ併設店舗

ルイ・ヴィトンは、東京の銀座並木通り店を3月20日にオープンすると発表した。

1981年に国内初の直営店としてオープンした同店が、3年に及ぶ建て替えをを終え、装い新たに生まれ変わる。

最上階には、メゾン 大阪御堂筋に続きルイ・ヴィトンでは世界第2号店となるSUGALABOオーナーシェフ須賀洋介によるカフェ「LE CAFÉ V(ル・カフェ・ヴィー)」がオープンする。

8908021f71889f28923d3dc5776d6c

メガネ端末で顔の肌色を測定

ZOZOは、フェイスカラーを測定できるメガネ型端末「ゾゾグラス」を開発した。

スマートフォンアプリを起動してメガネをかけた顔を画面に写すと肌の色を計測し、フェイスカラーに近いファンデーションの色が表示される。

ZOZOは端末を無料配布し、3月18日に立ち上げる化粧品専用モールでの商品選びに活用してもらう。

8908021f71889f28923d3dc5776d6c

未来の移動手段 イメージ公開

次世代の輸送手段「ハイパーループ」の開発を目指すヴァージン・ハイパーループが、乗客体験のコンセプトムービーを公開した。

ハイパーループは、人を乗せた輸送ポッドが真空チューブの中を時速1,000km以上で走行する超高速輸送システムで、ロサンゼルスからサンフランシスコまでの移動時間は飛行機の約半分となる43分を想定している。

公開された動画では、近未来的な駅やホーム、28人乗りのポッド内部の様子などが紹介されている。


あなたが注目したニュースやその見解を、ぜひ東カレアプリにコメントください!

◆1月30日(土)のニュースのおさらいはこちら

【World Trend News】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo