青山の夜を、あなたと楽しみたい…!大人の男と女が抑えるべき、焼き鳥の名店3選

今、空前のブームが来ている焼き鳥。

スタイリッシュな男女が多く集う街・青山においても、それは例外ではない。

ただ、路地裏やビルの地下などで営業しており、容易には見つけられないのだ。

そこで東カレ編集部は、大人の男女が行くべき焼き鳥店を厳選。

秘密めいたこの地で、いい焼き鳥を、いい人と楽しめば、東京がもっと好きになる―。

1、『焼鳥今井』


まず紹介したいのは、雰囲気も味も、大人好みのさじ加減が楽しめる『焼鳥今井』。

その店は、夜になると静まり返る住宅街の一角に、突如として現れる。

ガラス越しにのぞく光に誘われ、店内に入れば一転して壮観な光景が…。輝く白木のカウンターは広く長く、ゆったり設けられた席は25もある。

高級感がありながらも心地よい店内で、リラックスして食事を楽しめるだろう。


職人たちを率いる親方は、銀座にも店を構える高級焼き鳥店『バードランド』出身の今井充史さん。

名店の技を継承しつつも、味付けにシェリーヴィネガーを使うなど、創意工夫を重ねて美食家の心を掴んできた。

しかし、昨秋、ある食材と出合ったことでその味はさらに進化。

それはクリアな味と適度な食感が抜群の、“天城軍鶏のオス”。

必要に応じて隠し味を添えるが、基本は最小限の塩で、素材の旨みを最大限に引き出す手法に辿り着いた。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

人気の「レバー」400円。中はレアに近く絶妙な焼き加減で、一度食べると虜になるファンが多い。


例えば、脂がのった希少部位「ぺた」(背中の皮あたり)なら、わずかな塩で脂の甘みを引き出した上で、仕上げに山椒を少々振り、キレはよく。外モモのジューシーなふくらはぎなら、香り付け程度に酒と生醤油を。

その結果、食べ終えて口に残るのは鶏本来の豊かな香り。余韻も愛おしい、別格の焼き鳥に、匠の力量を実感するだろう。

素材の旨みが分かる大人にこそ、味わってほしい焼き鳥だ。

山梨でブドウ栽培からワインを作る、吉田裕一さんの銘柄「Linda」に惚れこんだのだとか。


またワイナリー育ちの野菜も、絶品。

自然農法で作られているという旬の野菜は、味が濃く、うまみがしっかりある。

青山に来る美意識の高い女性にとって、野菜が美味しいというのはかなり嬉しいポイントだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo