ガッツリ派に勧めたい「焼き鳥店の〆ご飯」!こだわりが光る究極の丼グルメ8選

焼き鳥店に行くと満腹でも、最後になぜか「〆ご飯」が食べたくなってくる。

それぞれの焼き鳥店で、別腹として食べてほしい逸品に工夫が凝らされ、それを目当てに店を選ぶということも。

「麺もの」に続いて今回は親子丼、そぼろ丼など王道メニューを中心とした「ご飯もの」を紹介しよう。

「親子丼」1,000円

「日本一こだわり卵」の美味しさが際立つ、究極の親子丼!

鳥しき@目黒

「イメージは温かい卵かけご飯です」とは店主・池川義輝さん。

鶏は弾力のある「伊達鶏」のもも肉。卵はビタミンEの豊富な兵庫の「日本一こだわり卵」を使用。

ほの温かい卵黄とふるふるの卵白とが絶妙に絡み合う、例えるなら「新感覚のTKG」。今までにない驚きの美味しさだ!

店舗詳細・過去記事はこちら

「そぼろ丼」660円

素朴な見た目に隠された、鶏の旨みと豊かな食感に悶絶!

伊勢廣 京橋本店@京橋

『伊勢廣』が誇る名物“団子”と同じ肉を使ったそぼろ丼は、見た目はシンプルだが味わいは実に濃厚。

焼き鳥用とは別に旨みの強い鶏を仕入れ、脂のある部位と噛み応えのある部位など数種類をブレンドするこだわりよう。

挽き方も変え、食感にリズムをつけて仕上げている。

店舗詳細・過去記事はこちら

「きじ丼」1,000円

串焼きとはひと味違った、分厚いもも肉に舌鼓!

鳥焼 笹や@目黒

ご飯の上に乗る、焼き目も香ばしい焼き鳥は「伊達鶏」のもも肉。

約100gをタレにつけ一枚焼きにして、あとから切り分けている。こうすることで、より柔らかくジューシーな仕上がりになるそう。

串で焼いたもも肉とは、またひと味違った美味しさが魅力。

店舗詳細・過去記事はこちら


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

「炭火焼鳥のまぶし御飯」900円

持ち帰りでも人気の混ぜご飯。芳ばしい香りと食感が弾ける!

焼鳥今井@外苑前

「ひつまぶしのイメージで作りました」とは、店主の今井充史さん。

土鍋でやや硬めに炊いたご飯にタレを満遍なくまぶし、炭火の薫香を纏った「天城軍鶏」のもも肉を入れる。

その弾力ある噛み応えが、パラリとした米に小気味よく絡むのだ。

店舗詳細・過去記事はこちら

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo