男女の賞味期限 Vol.1

男女の賞味期限:「もう一度、女として見られたい…」裕福な妻が欲望を再認識した、白昼の出来事

あなたはパートナーを、異性として意識し続けられる自信はあるだろうか?

男と女の賞味期限3年説。

それが真実なら、夫婦が永遠に“男女”でいることは難しいだろう。

居心地は良いけど、トキメキがない。

夫婦ってこんなもの?男と女に戻りたい?

男女としての関係が終わりかけた夫婦はその時、どんな決断をするのだろうか。


「あの、良かったら連絡ください。あまりにもお綺麗でつい…」

15時の南青山。かつての同僚・春子とお茶を楽しんでいると、一人の男性がテーブルに近づきヒラリと紙を置いた。

顔を上げると、優しく微笑む男性が立っている。ラテンの血が流れていそうな彫りの深い顔。白シャツにストールを巻いた彼は、某男性雑誌の表紙を飾りそうなルックスで、いかにも遊び人という風貌だ。

−やだ、ナンパなんて久しぶり。私も捨てたもんじゃないわ。

笑ってやり過ごすつもりだった真希だが、彼と目が合った瞬間、心臓が大きく音を立てた。彼に強く見つめられるほど、ドキドキと心拍数が上がり、しまいには息苦しさを感じてしまった。

ああこれ、男と女が始まる時の…。

久しぶりの感覚だった。ここのところ使われていなかった自分のスイッチが、ゆっくりとONになる。脳内でドーパミンがドバドバ分泌されるような、あの感覚。

うっかり恋愛ホルモンに支配されそうになったが、どうにか理性を呼び起こしてスイッチをOFFに切り替えた。

「ごめんなさい。私、結婚しているんです」

【男女の賞味期限】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo