海外駐在するならココ!?世界の海外在住者が選んだ「外国人にとって最高の都市」

今日知っておきたい旬な話題を厳選したWorld Trend News。

毎日の5分で世界のトレンドをキャッチしよう!(毎週火曜日~土曜日 朝5時配信)

307e680645efcf8ae6da01c3d26a0e

海外在住者が選ぶ“最高の都市”

駐在員など海外在住者向けのネットワークサービスを手がけるドイツのインターネーションズが、外国人にとって最も暮らしやすい都市を調査した。

173カ国出身の約1万5,000人が、都市の医療制度や治安、ワークライフバランス、生活コストなどを評価し、ランク付けした。

対象となった66都市の中で1位を獲得したのは、スペイン第3の都市バレンシア。気候や生活コスト、医療、娯楽などで高い評価を獲得した。

2位は地中海に面したスペインの港湾都市アリカンテ、3位はポルトガルの首都リスボンだった。

最下位はクウェートのサルミヤで、ワースト10にはパリやローマ、ソウル、香港などの大都市も入った。

東京は53位...低評価の理由は?

東京は66都市中、53位だった。

交通網の発達や治安の良さが評価され「生活の質」部門は10位だったが、外国人の受け入れ寛容度などの評価が低く「安住できる都市」部門では62位となった。

インターネーションによると、外国人在住者の25%が東京での生活を「快適に感じない」と回答、「友達を作るのが難しい」と感じる人は50%
に上ったという。

◆インターネーションズ「Expat City Ranking 2020」はこちら(英文)

307e680645efcf8ae6da01c3d26a0e

タクシーに「定期券」導入

国土交通省は、タクシーの新たな料金体系「一括定額運賃」と「変動迎車料金」を30日から導入する。

「一括定額運賃」は、同じ区間を複数回利用する場合に「定期券」や「回数券」として運賃を一括して支払う制度で、通常より割安になることが期待されるという。

「変動迎車料金」は、需要の増減に応じて迎車料金を変動させる制度。閑散期には割安に迎車することが可能となり、繁忙期には割高になるが、迎車の必要度が高い人に配車されやすくなるとしている。

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

富裕層の申告漏れ 過去最多

国税庁によると、6月までの1年間に実施した所得税の税務調査で、富裕層の申告漏れが総額789億円に上り、統計を開始した2009年以降で最多となった。

追徴税額も過去最多で、前年比27.6%増の259億円だった。

発表によると、富裕層に対する調査は4,463件実施され、約8割に当たる3,837件で申告漏れなどが指摘された。

1件当たりの追徴税額は581万円で、富裕層以外を含む全体(222万円)の2.6倍だった。

◆国税庁「所得税及び消費税調査等の状況」はこちら

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

ユニコーン企業 500社突破

米調査会社のCBインサイツによると、企業価値が10億ドル(約1,040億円)を超えるスタートアップ「ユニコーン」が、世界で500社を突破した。

このうち、アメリカが243社で最も多く、続く中国が118社となった。

日本はディープラーニング開発のプリファード・ネットワークス(20億ドル)やスマートニュース(12億ドル)など4社で、世界11位。

100億ドル以上の「デカコーン」企業は中国の配車サービスDiDiや米スペースXなど27社、1,000億ドル以上の「ヘクトコーン」は、TikTokを運営する中国バイトダンス1社のみ。

◆BCインサイツによるユニコーンリストはこちら

76ede58a050e96dd9079a824c232ca

ロエベの風呂敷に包んで配送

ZOZOは、ロエベのオリジナル風呂敷を使った配送を実施すると発表した。

ロエベが今季展開するコレクションから、ロサンゼルスの街並みを表現したグラフィックを採用、京都の職人が手染めして仕上げた風呂敷で商品を包装する。

ZOZOTOWNで販売するロエベの一部商品の購入者が対象で、12月5日から期間限定で実施する。

6a7ad8dc173c003c94202833dbc9a7

フェンディとコラボのカフェ

フェンディと東京・表参道のアニヴェルセルカフェのコラボカフェが誕生した。

店内はフェンディ イエローとパウダーピンクで統一され、テーブルウェアや持ち帰れるカトラリー兼マスクケースなど随所にFFロゴが用いられている。

アニヴェルセルカフェの通常メニューに加え、フェンディ家秘伝のレシピをベースに作られたパスタや限定デザート、スペシャルフルコースなども提供する。

8908021f71889f28923d3dc5776d6c

宇宙空間をバックに記念撮影

茨城・水戸市の宇宙ベンチャー「スペース・バルーン」が、お気に入りの写真やグッズを成層圏に打ち上げ、撮影するサービスを始めた。

高度2万m付近の成層圏で地球と宇宙空間をバックに撮影し、動画の一部とベストフォト10枚を提供する。

2021年中に撮影を行う予定で、費用は50万円(税抜)。100組限定で募集している。


あなたが注目したニュースやその見解を、ぜひ東カレアプリにコメントください!

◆昨日27日(金)のニュースのおさらいはこちら

【World Trend News】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo