ネイビーな妻たち Vol.1

ネイビーな妻たち:「幼稚舎か青山!?」神宮前2丁目在住・年収2,000万の夫を持つお受験ママの憂鬱

ここは夫の春樹が「会社の同僚が子供を通わせていた」という幼児教室で、今日はサマースクールの初日なのだ。

隼人は、年中だから来年2020年の11月が受験本番。そのため、このサマースクールは受験本番1年前の今年11月から始まる新年長クラスに向けての準備講座であり重要な位置づけとなっている。

「ママ、こないだのハワイ楽しかったね」

緊張気味の京子をよそに、隼人が明るく言った。

今年の夏のはじめ、隼人と京子はハワイで夏を楽しんだ。幼稚園のママ友たちと子連れハワイ旅行。

「来年になるとお受験で忙しくて行けない人もいるから」と仲良くしているママに誘われ、ママ友4人プラス子供達と10日ほどコンドミニアムを借りたのだ。

その旅行から戻るやいなや、夫が放った一言が、京子の憂鬱の原因で、こうして暑っ苦しい格好で歩いているきっかけでもあった。

「隼人を私立の小学校に入れたい。できれば幼稚舎、ダメなら青山」

ハワイの土産話を聞くのもそこそこに、春樹は言った。

「幼稚園が一緒のみんなは、小学校はどうするんだ?」

いつもは子供の教育に無関心な夫が、突然小学校の話をふってきたのだ。

「私立と公立、半々くらいかしら。ほらこのあたりは青南小学校や神宮前小学校が近くて学区もいいじゃない?」

「この辺に住んでいる同僚が言ってたけどさ。学区がいいと言っても中学受験が加熱してるから、最近はとりあえずみんな小学校受験させるらしいよ。そいつも娘は青山だって。うちの隼人も受験させよう」

―また始まった。

春樹という人は、仕事以外のことはもっぱら周囲に影響されがちなのだ。

そもそも今の京子の生活だって「俺の周りの人は保育園じゃなくて幼稚園に入れている」と春樹が言い出したことから始まっている。

しかも、神宮前2丁目のマンションをプレゼントしてきた姑から「家賃もなくなるし、子育てに専念するためにお仕事辞めたら?」とチクリと刺され、隼人が幼稚園に入園するタイミングで、しぶしぶ仕事を辞めたのだ。

大手広告代理店「ウィル・ヴェンダーズ」へはコネ入社だが、40歳にして売れっ子コピーライターの名をほしいままにしている春樹。早慶出身でもないのに、同社でもトップクラスの年収2,000万を稼ぎ出している。

そんな彼の才能と仕事への貪欲さを京子は尊敬している。  

それに、春樹は女性にモテる。独身の頃、同じ職場だった京子は、そのことをよくわかっている。

京子自身は早稲田の国際教養学部を卒業し、コネなしでウィルに入社。その上、春樹を勝ち取り、結婚し子供まで産み、神宮前に住んでいる。今の生活は自分の努力で得た人生の戦利品だ。

そのせいか常日頃から、彼が「こうしたい」という意志をついつい尊重してしまう。




教室に入るや、ホワイトボードに向かって並べられた机に子供たちは案内された。

一方、保護者は別室で「お受験説明会」に参加する。平日だからか、父親の参加は2、3名ほどで、ほとんど母親で席は埋まっていた。

皆一様にネイビーを基調とした地味な服装ではあるけれど、バッグの......


【ネイビーな妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo